無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[8/3〜8/9の運勢]8月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

アメリカの神話学者ジョセフ・キャンベルは世界中の英雄伝説を調べあげた上で、大半の英雄神話に共通する「セパレーション(分離と出発)」「イニシエーション(試練)」そして「リターン(帰還)」という三段階のパターンを突き止めました。

まず予期していなかった意外な出発点と未知の国への旅立ち&別れがあり、その途中でさまざまな試練に遭い、仲間やヒントを得ながらなんとかそれを乗り越えると、今度はその国に留まることを勧められ、しかし最後には故郷の国へと戻っていくという物語パターンを持っているのです。

今のいて座の場合、特に最初の「セパレーション」において、既存の文脈から切り離されていくステップと現在の自分の置かれている状況とを照らし合わせてみるといいでしょう。今週のあなたもまた、自分がいつの間にか“境界線”を超えつつあること気が付いていくかもしれません。

続きはこちらから

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

得体の知れない自分がここに

今週のやぎ座は、みずからをどこかで不思議な生きもののように感じていくような星回り。

「自分という個人がいかに優れているか」ということよりも、もっと価値があること、大切なことに気付いていくことがテーマになっているのだと言えます。それはあなたが社会のノイズにまみれる以前に、漠然と抱いていた思いや欲求でもあったり、何か誰かから受け取ったものであるかもしれません。

いずれにせよ、なにか具体的な成果を画策したりといったことより、これまであまり自分と関連付けてこなかった全体の動き―例えば生物の陸上への進出などに対して、何らかの自分との「繋がり」を感じ、自分なりの手応えや確信を強めていくことが肝要です。

今週は、空間的にも、時間的にも発想のスケールを拡大してみるといいでしょう。かえってその方が自分に対してより深く愛着を覚えられるはずです。

続きはこちらから

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

可能性の家をたてる

今週のみずがめ座は、既存の労働倫理への、ささやかな抵抗を試みていくような星回り。

嘘と真実のはざまにあるようなフィクションを、みずからの現実と地続きのものとして感じられているかどうかを、改めて問われていくことになるでしょう。

その際、周囲や社会の期待に応えるためにする演技よりも、自分の本当の気持ちに正直でいられる場所を選ぶこと。例えば、生前はほとんど誰にも知られず、死後になって初めて詩人として栄誉を受けたエミリー・ディキンスンは、それを自分の部屋を持つこと、そしてそこで詩を書くことを通じて行っていきました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ