無料の会員登録をすると
お気に入りができます

しっとり梅雨待ち♡可憐でアンニュイな紫陽花ネイルにセルフでトライ!

梅雨が近づいてきたら、ネイルに紫陽花モチーフを取り入れてみませんか?今回は、セルフで紫陽花ネイルを作る方法をご紹介します。

2017年5月
ネイル

梅雨に気になるのは紫陽花柄♡

梅雨の時期はじめじめとした日が続くので少し憂鬱になってしまいますが、紫陽花が綺麗に咲く時期でもありますよね。気分が明るくなるように、この時期ならではの紫陽花ネイルに挑戦してみませんか?

紫陽花カラーでグラデーション♡

まずは紫陽花そのものを描くのではなく、同じような色合いでグラデーションネイルを作ってみましょう。優しげな雰囲気がフェミニンで素敵なんです。

スポンジの角で少しずつ叩き込んでみて

白いマニキュアを塗っておいた爪全体に、スポンジの角を使って水色やパープルなど紫陽花らしい色を爪にポンポンと叩き込んでいきます。細筆で葉も描けば、より紫陽花らしくなりますよ。

フレンチネイルなら大人っぽい♡

Media?size=l
instagram.com

ブルー系のネイルに馴染みがない方には、フレンチネイルにアレンジしたデザインがおすすめです。できるだけ淡い色を選ぶようにすると、意外と気軽に取り入れられますよ。

派手色同士を合わせてもエレガント

Media?size=l
instagram.com

明るい色同士を合わせるときは、白の分量を多めにしておきましょう。派手になり過ぎず、大人の女性らしい上品さをキープできます。

たらしこみネイルを紫陽花の形に

Media?size=l
instagram.com

水彩画のようなふんわりした色合いが魅力のたらしこみネイルは、セルフでも簡単に作れるデザインの1つです。動画では絵の具を使っていますが、マニキュアをトップコートで薄めたものでも代用できますよ。

1色ずつ乗せるのがコツ!

色が混ざり合うと綺麗に見えないので、1色ずつ乗せるようにしましょう。濃い色を使う方が綺麗にふちが残りますが、全体的に色が濃くなり過ぎてしまったら白を垂らして調節してみてくださいね。

お花を一部だけ描くとこなれ感が♡

nailbook.jp

大きめのお花を半分だけ描いたデザインは、簡単なのにこなれた印象を与えてくれます。色が滲んでお花に見えないときは、中心にストーンを乗せてメリハリをつけるといいですよ。

ランダムに色を乗せるだけでもキュート!

Media?size=l
instagram.com

たらしこみデザインをお花の形にするのが難しければ、紫陽花らしいカラーをランダムに乗せるだけでもOK。さり気なさが素敵なんです。

100均ホログラムで簡単アレンジ!

nailbook.jp

手先の器用さに自信がなくても簡単に作れるのが、お花の形になるようにホログラムを乗せたデザインです。しかもホログラムは100均で買えるので、気軽に挑戦できるのが嬉しいですね。

100均アイテムだけで完成!

指先を華やかに見せたいときは、色の違うホログラムを並べてみましょう。葉を描くのにぴったりな緑のマニキュアも、100均にありますよ。

シェルも加えてキラキラに♡

Media?size=l
instagram.com

ホログラムは存在感があるので、爪全体ではなく一部分だけに乗せる方が好バランス!シェルも加えると、さらにキラキラして指先が綺麗に見えます。

透明ホログラムで上品ネイルに♡

Media?size=l
instagram.com

もう少し控えめなデザインにしたいときは、まずは紫陽花カラーでグラデーションを作っておきましょう。そこに透明色のホログラムを乗せれば、光が反射し過ぎず上品に仕上がります。

手描きでサロン並みの仕上がりに!

nailbook.jp

お絵描きが得意な方は、紫陽花を描いてみませんか?難しそうですが、菱形のモチーフを合わせるだけで紫陽花に見えるんです。

細筆で菱形を4つ描くだけ♡

サラッとして水っぽいマニキュアよりも、アクリル絵の具やジェルカラーの方が上手く描くことができますよ。最初は紫陽花に見えなくても、縁取りをしてストーンを乗せればきちんと仕上がります。

ホログラムと合わせて華やかに

Media?size=l
instagram.com

全ての爪に描くのが大変なときは、ホログラムで作った紫陽花モチーフと合わせてみてはいかが?ベースを白にすれば、統一感が出るのですっきりして見えます。

季節感のあるネイルがお洒落♡

Pin it
ピンもと: etsy.com
5
28

サロンに行かなくても、自宅で作れて可愛い紫陽花ネイル。春ネイルはコーデに合わないけれど、夏ネイルはまだ早いかなという時期にぴったりですよ。ぜひ、この時期ならではのデザインを楽しんでくださいね。

記事に関するお問い合わせ