無料の会員登録をすると
お気に入りができます

完全保存版!今こそこだわりたい「眉」メイクの全て

メイク

マスク生活が当たり前だからこそこだわりたい!

眉メイクの基本から役立ちアイテムまでご紹介

マスクが手放せない昨今、アイメイクと同じかそれ以上に重要なのが「眉」メイク!流行があらわれるだけでなく、顔の印象を左右し、決定してしまう重要なパーツです。そんな重要さはわかっていても苦手な人も多いのが実情です。

今の流行は毛流れが印象的なナチュラルな太め眉。でも、もともとの眉が薄かったりとどうしたらいいかわからない…そんなときに参考にして欲しい、メイク動画やアイテムをたっぷり集めました。ぜひ真似て練習して、素敵眉を手に入れて♡

眉メイクする上で覚えておきたいポイント

ポイントの名前を覚えておこう!

まず眉メイクをするときに押さえておきたいのが、眉のポイントの名称です。眉メイクをする上で避けては通れません。この記事の中でもたくさん出てくるので、この機会にしっかり覚えちゃいましょう。

それぞれ小鼻を始点にブラシなどを当てて、上記の図の様に線を意識するとわかりやすいですよ。
「眉頭」:小鼻から目頭を通ったあたり
「眉山」:小鼻から瞳を通った延長線上あたり
「眉尻」:小鼻から目尻を通った延長線上で、眉頭と同じくらいの高さあたり

メイクする前に眉を整えよう

生やしっぱなしのぼさっと眉も良いのですが、どうしてもカジュアルな印象に。なので、最低限のお手入れをして整え、清潔感・きちんと感を手に入れましょう。スクリューブラシorコーム、毛抜き、眉毛用ハサミ、シェーバー(電動かどうかはお好みで)があればバッチリです。

動画にあるポイントを参考に、眉毛の濃さ・長さを眉毛用ハサミで調節します。理想の眉毛の輪郭がイマイチわからないときは、ペンシルで型取ってから行うとわかりやすくて◎。毛抜きで抜くと後々生えにくくなるので、本当に要らないところだけにするのがベストです。

NG眉メイクも頭に入れておこう

いざ、眉メイクをしたけれど「なんか変?」…でもどうしたらいいかわからない、ということも起こりやすいです。なので、“NG眉”にありがちなポイントも頭に入れておきましょう。自分の眉メイクが“NG眉”に当てはまらないように意識してみてくださいね。

①眉頭が濃い→眉頭は1番薄く描くことで自然な仕上がりに。(眉頭から描き始めると濃くなりがち)
②短過ぎる→短くても、口角と目尻の延長線上まではあった方がバランス◎。
③真っ直ぐ過ぎる→正面からだけでなく、横顔もチェック!
この3つは頭に入れて練習すると、眉メイクの上達が早くなりますよ♡

動画で眉メイクについて学んでみよう

記事に関するお問い合わせ