無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手放してもまた増えちゃう…「片付けリバウンド」の原因と対策

インテリア

モノを減らしたはずなのに・・・

家の不要な物を捨てたり、整理して綺麗な居心地の良い家にしたのに、しばらくするとまた家が散らかってしまっている事はありませんか?それは片付けリバウンドかもしれません。なぜリバウンドしてしまうのでしょうか。

それはただ散らかしてしまうという事だけではないかもしれません。リバウンドの原因と対策を紹介します。ずっと綺麗な家を保つ為に役に立つはずですよ。

片付けリバウンドとは何?

リバウンドは、モノを減らしたはずなのに部屋が散らかるという事だけではなく、以前と同じようにモノを買い集めてしまう、物欲が湧いて買い物をたくさんしてしまうという症状が起きてしまう事です。

片付けが出来てスッキリした後にリバウンドして元の家の状態に戻ってしまうと、心の疲れも出てくるもの。闇雲に片付ける前に、ちょっと立ち止まってみましょう。

原因その1:片付け後のゴールが曖昧

ただいらない物を捨てて綺麗にする事だけだと思っていると失敗しがちです。不要な物を捨てて綺麗な部屋をキープするというゴールが曖昧だと、綺麗な状態をキープ出来ません。

ゴールを「綺麗な部屋にして維持する」と考えると、今後も使いやすい部屋づくりが進められるもの。「居心地のいい空間を作ること」が目的ということを忘れないようにしましょう。

原因その2:ストレスが溜まってしまった

体型を維持するためにダイエットしていてもストレスがかかると上手くいかない事があるように、ストレスがかかると綺麗にする努力が面倒になってしまいます。

部屋は自分の内面と同じと言います。綺麗にしている時は精神状態もいいはずです。逆にストレスがかかると散らかりがち。ストレスが溜まってしまったら解消するために掃除するのも一つの手かもしれませんね。

記事に関するお問い合わせ