無料の会員登録をすると
お気に入りができます

親子で一緒に作っても◎ バリエーションサンド5選

レシピ

サンドイッチはパパっと手軽に食べられるので、朝食やランチにもってこい。ですがいつも同じような具材で作っていると、すぐに飽きが来てしまいます。そこで今回は、さまざまなバリエーションが揃ったサンドイッチのレシピをご紹介。火を使わない作業も多いので、親子で一緒に作ってみてはいかがでしょう?

ホクホク食感にうっとり♪ 親子で楽しめるじゃがいものおやつ5選(画像1/5) - レタスクラブ https://www.lettuceclub.net/news/article/232842/i1458484/

サブマリンサンド

【材料・2人分】

ミートボール(合いびき肉 200g、溶き卵 1/2個分、玉ねぎのみじん切り 1/4個分、牛乳 大さじ1と1/2、生パン粉[またはパン粉] 10g)、ホールトマト缶 1/2缶(約200g)、玉ねぎの薄い輪切り 3枚、レタス 1~2枚、ピーマン 小1個、サブマリンパン(または約30cm長さのパン) 1本、塩、こしょう、サラダ油、トマトケチャップ、ウスターソース、バター

【作り方】

1. ミートボールを作る。ボウルに生パン粉を入れ、牛乳を加えてひたす。ひき肉、溶き卵、玉ねぎ、塩小さじ1/3、こしょう少々を加え、手で練るように混ぜる。粘りが出たら6等分にして丸める。ふんわりとした食感にするため、ひき肉、卵、パン粉などを粘りが出るまでよく練り混ぜる。

2. フライパンに油小さじ2を熱し、1を並べ入れる。全体にこんがりと焼き色がつくまで転がしながら焼く。

3. ホールトマトを手でよくつぶして缶汁ごと、水大さじ2~3とともに2に加えて、煮立ったら塩、こしょう各少々をふる。木べらで時々転がしミートボールによくからむまで煮詰め、ケチャップ大さじ1、ウスターソース大さじ1/2を加えて混ぜ、火を止める。ミートボールがほぼ焼き上がったらホールトマト、水を入れてとろみが出るまで煮詰める。

4. 玉ねぎは水にさらして、しっかり水をふく。レタスは5cm長さの細切り、ピーマンは薄い輪切りにする。

5. パンは長さを半分にし、切り離さないように横から深く切り目を入れ、内側にバター適宜を薄くぬる。パンの長さは商品によって差があるので、1つが1cm長さになるようにカットする。

6. 5のパンの内側に、4の玉ねぎ、レタス、ピーマンをのせ、3のミートボールをソースごとのせてはさみ、オーブン用ペーパーなどで包む。好みでマスカットを容器に入れて添えても。

(536Kcal、塩分3.5 g)

サブマリンは英語で潜水艦という意味。ユニークな形をしているので、作るのも食べるのもワクワクしてしまうはず。具材としてはさんだミートボールは食べごたえたっぷりで、ふわふわとした食感もたまりません!

貝割れとアボカドのサラダサンド

むきえびを贅沢に使うことで、ボリューム感がましまし。卵も油も使わないヘルシーなベーグルで具材をサンドすれば完成です。

かぼちゃオニオンサラダサンド

かぼちゃはペースト状にして、甘みをギュッと凝縮。フライパンでカリカリに焼いたベーコンと一緒にサンドしましょう。

ラップサンド

とり肉につけるパン粉は、手でもみながらざるでこして細かくするのがポイント。ふつうに揚げるだけで、サクッとした歯ごたえを楽しめます。

パリパリチキンサンド

とり肉はジューシーに焼き上げてから、フランスパンではさみます。仕上げにかけたマスタード&マヨネーズが味のアクセントに。

8月には長期休暇に入る学校が多いため、「子どものご飯をどうしよう…」と悩んでいる人もいるはず。バリエーションサンドの作り方を覚えておけば、普段の食事だけでなくお弁当にも活用できますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ