無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「自分嫌い」を克服したい!自己嫌悪に陥った時のココロの処方箋5つ♡

自分を好きになれないのは、自己肯定感が低い人に多く見られるもの。自己肯定感が低いと、自分のやることに自信が持てず、些細なことで落ち込んでしまったり、周りの目を気にしてしまいがち。今回は、今すぐできる自分嫌いを克服するための対処法をご紹介します。

2017年5月
ライフスタイル

あなたは「自分」が好きですか?

何をやっても上手くいかなかったり、周りに比べて自分が劣っていると感じたりなど、自己嫌悪に陥ったりしていませんか?慢性化してくると、常に「自分はダメ人間なんだ」とドツボにはまってしまうことも。

こんな風に自分を嫌いになってしまった時は、ポジティブに気持ちを切り替えようとしても逆効果になって、ますます心が沈んでしまいがち。今回はつらい状況から抜け出すための、自分を好きになる方法をご紹介します。

知らず知らずに完璧を目指している

何か問題があるとすぐ自己嫌悪に陥る人は、自分でも知らないうちに「完璧」を目指してしまっている傾向があります。完璧を目指すことは良いことですが、同時にあなたから自信を奪うことに。

完璧を目指せば目指すほど、完璧にこなせない自分が一切受け入れられずに、結果として自分嫌いへとつながってしまいます。まずは、この完璧の呪縛を解くコツをご紹介しましょう。

理想の自分と現実の自分を比べない

自分が「◯◯ができない」と落ち込んでいる時、完璧に物事をこなす理想の自分と比べてしまっていることがほとんど。これは、現実の自分を完全に無視しているからこそ起こることなのです。

目標を高く掲げることはとても良いことですが、人間誰しも急に理想通りの人になれるわけがありません。最初は上手くいかなくて当然なので、時間をかけて自分のペースで成長していくつもりでのんびり構えましょう。

自信に満ちている人から学ぶ

自分が何をやっても上手く行かない時に限って、周りがすごく順調で羨ましく思っていたりしませんか?そんな時は、余計に自分自身が受け入れられないまま、どんより気分で過ごしてしまいがち。

いきなりポジティブに切り替えるのは難しいと思うので、気持ちが滅入ってしまった時は、あなたの回りにいる、“自信に満ちた幸せオーラに包まれた人”を思い浮かべてみてください。

その人は短所が一つもないような完璧な人間に見えますか?きっとそんなことはないはず。自信に満ちてキラキラしている人は、短所も長所も受け入れた上で、長所をうまく活かしている人なのです。

自分を好きになるための5つの心がけ♡

1. 何事も深く考えすぎない

自分嫌いと自覚している人は、他人に比べて感受性が高く、少し神経質な傾向があります。例えば、仕事でミスをしてしまった時、その失敗を必要以上に捉えてしまい「仕事辞めたい」というレベルまで至ったりも。

また、人に言われた何気ない一言に傷つき、いつまでもズルズルと引きずって悲劇のヒロインになってしまっていませんか?自分を卑下するのを繰り返してばかりでは、気分は落ち込む一方ですよね。

デリケートな性格で頭であれこれ考えてしまう場合は、一旦考えることをストップさせましょう。一番オススメなのは、ランニングやサイクリングなど、身体を動かすことに意識を向ける方法です。

2. 周りの目を気にしすぎない

自分が嫌いな人は、過去に人から何か言われたトラウマがあって、自分に自信が持てないことが原因になっている場合があります。人によっては「人が嫌い」というレベルにまで陥ってしまい、恋に臆病になっている人も。

世の中には、自分と同じ性格や考え方の人はゼロで、いろんな人がいます。つまり、自分という人間を他人がどう見るかは、人によって様々。自分をどう見てほしいかは、他人に強制することはできないのです。

あれこれと気にする気持ちもわかりますが、結局無意味な気がしてきませんか?周囲に気を遣い過ぎて自分を出せなくなってしまうのは元も子もありません。他人の目を気にするのは、ほどほどにしましょう。

3. 自分のこだわりを捨てる

真面目でこだわりが強く、完璧主義な人は、自分に厳しすぎる一面を持っています。何をするにも「こうあるべき!」と自分に課すハードルをどんどん上げ続けていませんか?

自分に厳しい人は成果も上げやすいですが、自分の思った通りの成果が出なかった時のストレスや挫折感は人一倍感じやすいはず。人生は必ずしも自分の思った通りにはいかないことを学びましょう。

努力して思い通りにいかなかったとしても「ま、いっか!」と流すことのできるおおらかさや適当さがあるくらいが、ストレスと上手に向き合えます。物事にはある程度の柔軟性を持つことが大切。

4. 毎日最低一つ小さな親切をする

知らない人に道を譲ってもらったり、落とし物を届けてもらったりなど、他人に親切にしてもらった経験が誰でもありますよね。この時、あなたは親切にしてくれた相手に対して「良い人だな」と感じたのでは?

感謝されるような良いことをして、人の役に立つという経験を何度か繰り返すことで、自分に自信がつき自分自身に価値を感じられるようになってきます。早速今日から小さな親切を実行してみてください。

5. 周りとの交流を大切にする

落ち込んでいる時は、周りとの距離をとって守りに入っていませんか?「どうせ自分なんか誰にも好かれていないし」と思っているのは、あなたのただの思い込みにすぎないことがほとんど。

周りをあえて避けていると、いつかあなたの周りには本当に誰もいなくなってしまいます。勝手な思い込みは今すぐ捨て去って、声をかけてきてくれた人には気が乗らなくても避けたりせずに笑顔で接しましょう。

自分をうまく解放する術を身に着けて♡

自己嫌悪に陥った時は、完璧を目指すのを止めて出来ない自分を責めずに過ごしましょう。そうすれば、少しずつありのままの自分を受け入れられるようになるはず。心を楽にする方法を身に着けてくださいね。

記事に関するお問い合わせ