無料の会員登録をすると
お気に入りができます

熱中症予防&免疫力UPに! 火を使わない「夏みそ汁」のレシピ

レシピ

感染症対策にマスクは欠かせませんが、暑い日には息苦しさを感じている人も多いのではないでしょうか。
脱水症・熱中症の専門家で、済生会横浜市東部病院 患者支援センター長/栄養部部長の谷口英喜先生は、
「マスク着用機会が多い今年の夏は、水分をとる機会がおのずと減少するほか、口もとが熱源になり体が熱くなりやすいため、脱水症のリスクがとても高くなります。
さらに外出自粛による運動不足の影響で、水分を蓄える働きも持つ筋肉かが衰えている可能性もあります。今年は平年より高い平均気温の予測が出ていますので、屋外はもちろん 近年増加傾向にある屋内でも十分注意が必要です」と話します。

谷口英喜(済生会横浜市東部病院 患者支援センター長/栄養部部長)

脱水症・熱中症の専門家。「教えて!『かくれ脱水』委員会」副委員長も務める。著書「熱中 症・脱水症に役立つ 経口補水療法ハンドブック 改訂版」「イラストでやさしく解説!「脱水 症」と「経口補水液」のすべてがわかる本」など多数。

水野泰孝(グローバルヘルスケアクリニック院長)

感染症専門医。主な研究領域は熱帯感染症、渡航関連感染症。前・東京医科大学准教授、同大学病 院感染制御部長。2019年6月より現職。最近は新型コロナウイルス関連でテレビ・ラジオ出演、雑誌取材など多数。

北嶋佳奈(管理栄養士フードコーディネーター・株式会社Sunny and代表取締役)

料理本出版、レシピ・メニュー開発、コラム執筆、イベント・各種メディア出演など、幅広く活躍中。

Mizuki(料理ブロガー)・料理研究家・スイーツコンシェルジュ)

レシピブログアワード3年連続総合グランプリ受賞。LINE OF THE YEAR 2018 話題賞受賞。 企業のレシピ開発、雑誌、TV、WEBメディアで活動中。簡単・時短・節約をコンセプトにレシピを制作している。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ