無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ショートしそうになってない?気持ちを軽くする「心のデトックス法」

新しい生活や環境にも慣れ、生活は順調に進んでいるように見えても、心身の疲れや生活の悩みが出はじめるこの時期。心のSOSを感じた時に生活の中で意識したい事柄を集めてみました。

2017年5月
ライフスタイル

「ちょっと疲れたな」を見逃さないで

連休疲れで体調を崩す人が多かったGW明け。心身の疲れをそのままに、見切り発車していませんか?

Pin it
ピンもと: hush-uk.com
9

体の不調はもちろんのこと、疲れた気持ちもそのままにしておくと良いことはありません。何だか気分がすぐれないと感じた時は、心の落ち着きを取り戻すための処方箋を試してみませんか?

1.まずは伸びをして深呼吸!

人は緊張したり悩んだりしているときは、体も凝り固まっています。そして、それがまた疲れを引き起こす、という悪循環に。

まずは、リラックスできる空間で思い切り「のび」をしてみましょう。その際に、体や心の毒を吐きだすイメージで息を思い切り吐いてみてください。それだけでも気分は変わってきます。

気持ちが落ち着くことが大切

のびが済んだら、次は深呼吸。浅い呼吸のままでは、頭もなかなか冷静な判断をできません。新鮮な空気を体全体に行き渡らせ、エネルギーを補充するイメージでゆっくりと行ってくださいね。

自分が宇宙全体と繋がっていることをイメージしながら行うと、さらに効果的。鼻から息をすって、口から息をゆっくり完全に吐き出していきます。1日3回からでもいいので、ぜひ試してみてください。

1日たったの5分でOK♡ 心と体を安定させる”ピンクの呼吸法”って?

「色の呼吸法」と呼ばれる「カラーブリージング」は、心と体を安定させると言われるカラーセラピーの一種。中でも”ピンクの呼吸法”は、ホルモンバランスを整えて女性的な魅力をアップさせたり、恋愛運がアップすると言われています。1日たった5分で出来る呼吸法を紹介します。
2319

2.気になることを紙に書き出してみる

心に重い気持ちを抱えたままでいると、健康にも害を及ぼし始めます。そこで、手っ取り早く気持ちを軽くする方法でおすすめなのが、紙に思いつくまま気持ちを書きなぐること。

Media?size=l
instagram.com

海外でも「クリアリング」「ジャーナリング」といった、気持ちを書きだすことでストレスを軽減し、気持ちを前向きにする方法はよく知られています。用意するものは、ペンと紙だけです。

何を書いてもOK!

紙を前にして一番大切なことは、“自分の気持ちに素直になる”こと。仕事のこと、プライベートなこと、何でも書いてOKですし、ポジティブなことだけでなく、ネガティブなことを書いても大丈夫。

Pin it
ピンもと: laurenkelp.com
1
3

感じたこと、気づいたこと、今悩んでいることや気になること。思いつくまま書いた後は、破って捨ててOK!この作業を1日5~10分を目安に続けるうちに、問題が洗い出され心が浄化されていきます。

不安がスッと消える。ノートで簡単「クリアリング術」のススメ

悩みや不安を抱えていると、なかなか前には進めません。自信が持てなくなる原因にも。心をリセットする“クリアリング術”を取り入れて、そんな状況を打破するのがおすすめです。早速やり方を見ていきましょう。
3213

3.悩むタイムリミットを決める

悩みがある時は、気がつくとそのことばかりに意識が集中してしまう、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

ネガティブな気持ちに浸る時間が多くなってくると、心身はストレスを感じていきます。「今日はもう考えるのはおしまい!」と気持ちを切り替えることも必要です。

時には方向転換も

例えば、結果を出す必要のある案件を抱えている場合には、あえて自分で期日を設けてそれまでに方向性を決める、というのもおすすめ。

出口のない道をさまよっているような時間は、本人にとってはとても辛く苦しいもの。歩き出すことで、自分が選んだ道が正しいかどうか判断できるきっかけにもなります。

4.プラスの言葉を使って方向転換

意識的に笑顔を作ると人の気持ちが変わるように、意識してマイナスの言葉をプラスの言葉に置きかえて考えたり話したりを意識すると、気持ちは前向きに変化していきます。

日頃つい「ごめんなさい」や「すみません」が口癖になっている方も、「ありがとう」に置きかえてみませんか?自分を卑下することなく、相手の耳にも心地いい言葉は使えば使うほど変化をもたらしてくれます。

ありのままの自分を肯定

簡単な言葉の置き換えができるようになったら、今の自分の状況もプラスの方向に考えてみましょう。

・悩みがある→経験が豊富になる
・仕事が覚えられない→のびしろがたくさんある
・叱られた→成長させてくれる人がいる

など、ネガティブな状況を自分のプラスに考える癖がついたらしめたもの。プラスの言葉への転換は、子育てにおいてもお子さんの成長に良い結果をもたらすので、ぜひお試しくださいね。

今日からネガティブやめます宣言!ポジティブな言葉で毎日を楽しく

実は言葉にはあなたの人生を変える強い力があるのをご存知ですか?「もう無理」や「仕事したくない」などのネガティブな言葉は今日からやめて楽しい毎日に変えていきましょう。
1617

5.外へ飛び出してみる

気持ちが沈むときは、部屋に閉じこもりがちになることも多いですが、意識的に外に出かけてみることをおすすめします。

無理をせず1日に1回でもOK。何か理由や用事をつくり外へ飛び出せば、新鮮な空気や鮮やかな緑に触れるうちに心は軽くなっていくものです。五感を刺激することは、脳にも心にもとっても良い事なんです。

淀んだ空気や水を入れ替えるイメージで

悩み考え込む時間が多いほど、心は疲労しています。コップの中のお水も、外から新しいものをいれてあげないと淀んだまま。

眩しい陽の光、街の騒音、美しい花が並ぶ店先。自分が宇宙でたった1人のように感じていたことも嘘のように、外では色んな刺激が待っています。歩きながらリフレッシュすることで、気持ちの切り替えもスムーズに。

悩むのは進んでいる証拠!

人には長所や短所があって当たりまえ。誰にだって上手くいかないことも時にはあります。でも、乗り越え方を知っているだけで、その後の人生は変わってきます。

悩むのは、それだけ一生懸命に生きている証拠!そんな自分に胸をはって、時には心にも休息場所を作ってあげながら進んでいきたいものですね。

記事に関するお問い合わせ