無料の会員登録をすると
お気に入りができます

GUの裾上げ対応にまさかの変化 コロナ禍でも充実したアフターサービスに感激

現在、大手アパレルメーカー・GUでは裾上げをセルフサービスで行なっている。それを受け、世間からは不安の声が上がっている。

ファッション

ファッションで重要なのはサイズ感。自身のサイズにあったアイテムをチョイスすることが大切だが、デニムパンツを購入する際などは、好みの丈に調節するため、「裾詰め」を依頼する人も多いだろう。

アパレルショップでは一般的な裾上げサービスだが、新型コロナウイルスの影響を受けて実情が大きく変化しているという。記者は全国に店舗を構える大手アパレルメーカー・GUに行き、取材を行なった。

GU

■張り紙を発見

記者がGU店舗に向かうと、店内の試着室には「お裾直しをご希望のお客様へ」と書かれた貼り紙を発見。どうやら現在は新型コロナウイルス対策の一環として、客が試着中のパンツに店員が直接触れ、裾丈を調整するサービスを休止しているようだ。

その代わり、客がセルフで希望の裾詰め部分を折り返し、クリップで止めた状態でレジまで持っていく仕組みとなっている。

関連記事:和地つかさ、たくし上げショットにファン興奮「これは元気出る」

和地つかさ、たくし上げショットにファン興奮「これは元気出る」

■実際に裾上げしてみると…

実際にセルフ裾上げに挑戦してみたが、自分の望む丈にするには、どの程度折り返せば良いのかジャッジがかなり難しいことに気づかされる。希望より丈が長くなってしまった場合は再度裾詰めを行なえば良いが、短く詰めてしまった場合は取り返しがつかないため、クリップを留める踏ん切りがなかなかつかない。

何度折り返しても、納得のいく長さに調節することができず、裾詰めの奥深さを知った思いだ。

■世間では不安の声

どうやら、世間には記者と同様の感想を抱いたユーザーもいたようで、ネット上には「普段、店員さんにお願いしてるから自分で長さ決められないし、ミスったら終わりじゃん…」といった不安の声がチラホラ。

店員に話を聞いてみたところ、渋い顔をしながら「似たような不安を抱えたお客様は多いですね…」と実情を語ってくれた。しかしGUではアフターケアも充実しているようで、「2回目以降の裾上げを無料で実施しています」「もし失敗してもまた持ってきて頂ければ大丈夫です」と、失敗した際の対処法について説明してくれた。

関連記事:強度と匂いが不評のユニクロ紙袋、じつは知られざる進化を遂げていた

強度と匂いが不評のユニクロ紙袋、じつは知られざる進化を遂げていた

■他メーカーの対応

また、取材に応じてくれた店員は、同グループ企業であるユニクロでも同様の対応をしていると教えてくれた。ちなみに、記者が確認したところ、大手アパレルメーカー・GAPでは、現在、新型コロナウイルス対策として裾上げサービスそのものを実施していないという。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ