無料の会員登録をすると
お気に入りができます

専門家に聞く、お墓まいりの持ち物やマナー、気配りポイントは?

ライフスタイル

お墓参りの流れ

大きな霊園の場合はそのままお墓に行くこともありますが、できるだけ管理者にも挨拶をしましょう。寺院墓地の場合は、まず住職に挨拶をし、ご本尊に手を合わせてからお墓に向かうのが礼儀です。

基本の手順を知る

その場で慌てないよう基本の流れを覚えておきましょう。

(1)お墓で合掌:掃除の前にまずご先祖に挨拶を。
(2)掃除:墓所内の草取り→香炉や花筒をきれいに→彫り部分や目地の掃除→墓石全体を上から柔らかい布などで拭く
(3)打ち水:地域や宗派によって違いがあります。
(4)お供えをする:自分たちが持参したものは「こちらもお供えしていただけますか」と中心的な人にお渡ししましょう。お供えはそのまま墓石にのせるのはNGです。もしもの時のために「懐紙や半紙」などを持っていくと気配りが感じられます。
(5)線香をあげ合掌:風をよける専用ライターが便利です。一つ持っておくといいですね。焼香・合掌は縁が深い人から順に行い、墓石を見下ろすことがないようしゃがむのが礼儀です。全員が終わったら、思い出話などで故人を偲びましょう。
(6)片付け:お供え物は、花は残し、そのほかは全て持ち帰ります。せっかく持ってきたのだからとお墓に置いていくとカラスなどに荒らされて大変なことに。霊園によっては規則もあります。

気配りポイント

ちょっとした行動で印象アップ。気配りは「準備と目配り」から。
(1)暑さ対策:近年、異常な暑さで墓前での法要は「暑さ対策」が重要です。特に、赤ちゃんやお子さんを連れていく場合は、事前に「途中で建物や車に移動させてもらうことも…」と伝えおくといいですね。日傘も予備があると忘れた方に使ってもらえますね。
(2)僧侶に対して:日傘をさして読経する僧侶もいれば、暑い中そのままという場合も。手元に経本やリンなど持っていることが多いため、そっと日傘をさしてあげると気配りを感じ、僧侶自身もとっても嬉しいです。
(3)控えめに:親戚と行く場合は、必ず中心的な人がいます。「お手伝いします」「○でいいですか?」など、お伺いを立ててから行動しましょう。

NG行動

そのほかに気をつけてほしいことです。
(1)線香の火を息で吹き消してはいけません。口は食べたり飲んだり、時には悪口を言うこともあり「不浄」とされています。また上下に振っては火の粉が飛ぶこともあり危険です。必ず手で仰いで消しましょう。
(2)大声で話したり笑ったりしないように。他家のお参りの邪魔になります。子どもには、墓前では騒いだり走り回ったりしないよう事前に言い聞かせることも必要です。
(3)墓前は狭いところも多いはず。コロナ対策としてマスク着用は必須です。読経中の密集、お焼香の際の間隔が狭すぎるのもNG。「一人が戻ったら次の人が前に出る」といった流れでゆっくりと進めましょう。また、このような状況下では、焼香時のマスク着用はマナー違反になりません。お坊さんもマスク着用で読経することが多くなりました。

【小児科医に聞く】“ウィズコロナ”マスク着用で熱中症にならないためにしたいこと

お墓参りは先祖を偲ぶ気持ちが大切で、そのための確認と準備です。お墓参りの前に家族で合掌の練習をしたり、故人のお話をしたりするのもいいですね。状況に合わせた準備をして心を込めてお参りをしましょう。

■おすすめ記事

おすすめの赤ちゃんとの遊び方
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ