無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肌見せの季節のチェック♡ムダ毛を濃くする6つのNG習慣

暖かい季節となり、薄着だったり洋服のデザインによって肌を見せる機会も増えますよね。そこで気になるのがムダ毛。知らず知らずのうちに、ムダ毛が濃くなることをやってしまってはいませんか?

2017年5月
美容

ムダ毛が濃くなる習慣、やってない?

肌見せの季節だからつるすべでいたい

季節はいよいよ夏。オフショルやショート丈のボトムス、シースルー、水着など肌見せするファッションアイテムをおしゃれに着こなしたいですよね。

つるすべ肌を見せたいならムダ毛対策が大切です。実は、知らず知らずのうちにムダ毛を濃くする習慣があるのだとか。そこで、体毛を濃くするNG習慣を見直しましょう。合わせて改善する方法もチェック。

1.暴飲暴食など食事の不摂生

3食栄養バランスの良い食事が◎

同じ食材だけ食べたり、暴飲暴食したりと、食事の栄養が偏ると、体内のホルモンバランスが乱れます。その結果、男性ホルモンが増えたり、逆に女性ホルモンが減ってムダ毛が濃くなってしまうこともあるそうです。

なるべく3食栄養バランスの良い食事を心がけましょう。また、男性ホルモンや女性ホルモンに関係する食材もチェック。

男性ホルモンを活発にする食材

・牛肉・豚肉の赤身
・牡蠣
・長ネギ
・ニンニク
・ニラ

これらは食べないというわけでなく、食べすぎるのに気をつけましょう。

女性ホルモンを活発にする食材

・大豆製品
・マグロ、カツオ
・アボカド
・ナッツ
・卵

大豆製品は女性ホルモンのエストロゲンに近いイソフラボンがあり、ホルモンバランスを整えてくれると考えられているのです。またマグロやカツオなどは、エストロゲンの分泌に働きかけるビタミンB6を含んでいます。

ビタミンEが豊富なアボカドやナッツはホルモンの分泌をコントロール。これらの食材を積極的に食べるのが、ムダ毛を薄くすることにつながるかもしれませんよ。

記事に関するお問い合わせ