無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肌見せの季節のチェック♡ムダ毛を濃くする6つのNG習慣

暖かい季節となり、薄着だったり洋服のデザインによって肌を見せる機会も増えますよね。そこで気になるのがムダ毛。知らず知らずのうちに、ムダ毛が濃くなることをやってしまってはいませんか?

2017年5月
美容

ムダ毛が濃くなる習慣、やってない?

肌見せの季節だからつるすべでいたい

季節はいよいよ夏。オフショルやショート丈のボトムス、シースルー、水着など肌見せするファッションアイテムをおしゃれに着こなしたいですよね。

つるすべ肌を見せたいならムダ毛対策が大切です。実は、知らず知らずのうちにムダ毛を濃くする習慣があるのだとか。そこで、体毛を濃くするNG習慣を見直しましょう。合わせて改善する方法もチェック。

1.暴飲暴食など食事の不摂生

3食栄養バランスの良い食事が◎

同じ食材だけ食べたり、暴飲暴食したりと、食事の栄養が偏ると、体内のホルモンバランスが乱れます。その結果、男性ホルモンが増えたり、逆に女性ホルモンが減ってムダ毛が濃くなってしまうこともあるそうです。

なるべく3食栄養バランスの良い食事を心がけましょう。また、男性ホルモンや女性ホルモンに関係する食材もチェック。

男性ホルモンを活発にする食材

・牛肉・豚肉の赤身
・牡蠣
・長ネギ
・ニンニク
・ニラ

これらは食べないというわけでなく、食べすぎるのに気をつけましょう。

女性ホルモンを活発にする食材

・大豆製品
・マグロ、カツオ
・アボカド
・ナッツ
・卵

大豆製品は女性ホルモンのエストロゲンに近いイソフラボンがあり、ホルモンバランスを整えてくれると考えられているのです。またマグロやカツオなどは、エストロゲンの分泌に働きかけるビタミンB6を含んでいます。

ビタミンEが豊富なアボカドやナッツはホルモンの分泌をコントロール。これらの食材を積極的に食べるのが、ムダ毛を薄くすることにつながるかもしれませんよ。

2.無理なダイエット

健康的に痩せる方法にシフト

無理なダイエットをして急激に体脂肪を減らしてしまうのはNG。実は脂肪は女性ホルモンの原料とも言われていて、急激に減ってしまうと女性ホルモンも減ってしまう可能性があるのです。

急激な減量をして栄養を極端に摂らなくなってしまうと、肌や髪などの栄養も足りず、乾燥して美しさからは遠ざかってしまいます。栄養を摂りながらも運動をして、健康的に美しく痩せるようにしましょう。

3.夜更かしばかりの夜型生活

早寝早起きで体のリズムを整える

夜更かしばかりしていると自律神経が乱れて、ホルモンバランスが崩れてムダ毛が濃くなってしまうそうです。朝起きて夜寝る、という体のリズムを戻し、自律神経も整えましょう。

4.心が疲れるストレス

自分なりの発散法を見つける

強いストレスは男性ホルモンの分泌を活発にさせるそうです。また、ストレスによって自律神経が乱れることで、ホルモンバランスも崩れて、ムダ毛が濃くなることもあるのだとか。

ストレスを溜め込まないように、自分なりの発散法を見つけましょう。運動、お風呂でゆったり、アロマを焚いて香りで癒やされる、女子会や愚痴大会でスッキリ…あなたに合った方法を探して。

5.意外にもたばこの喫煙

ちょっとずつ禁煙してみる

喫煙すると、女性ホルモンのエストロゲンが分解されて、分泌量も減ってしまうそうです。たばこがムダ毛を濃くする原因になっていることもあるのですね。

たばこは百害あって一利なしとも言いますし、禁煙することで肌や体の健康にもつながります。いきなりは難しいという方は、まずは数を減らすなど少しずつ禁煙を始めませんか?

6.皮膚への刺激やダメージ

毛の処理も優しく正しく

ムダ毛を処理するときにカミソリで強くこすっていたり、毛の流れに逆らったり、頻度が多かったり…していませんか?実は皮膚への刺激になると、肌を守ろうと毛が濃くなってしまうことがあるそうです。

ムダ毛処理の頻度は多すぎないように。剃るときはシェービングクリームを使って、毛の流れに沿って剃り、処理後は冷やして、ローションなど保湿してアフターケアもするように…と肌をしっかり労りましょう。

つるすべの肌で夏を謳歌して♡

何気ない習慣も実はムダ毛を濃くしてしまうことがおわかりいただけましたか?習慣を見直して改善して、肌見せできるようなつるすべ肌を手に入れましょう。

記事に関するお問い合わせ