無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京から行きやすい〈星野リゾート 界〉シリーズ3軒。憧れの温泉旅を叶えてくれる宿。

誰もが一度は泊まってみたいと憧れる〈星野リゾート〉。特に温泉に特化した「界」シリーズはおひとりさまから家族旅行まで幅広い世代で人気です。そこで今回は、都内から行きやすい3つの〈星野リゾート 界〉をご紹介します。

旅行・おでかけ

1.新しい箱根旅!アートで表現することをコンセプトにした〈星野リゾート 界 仙石原〉/仙石原

館内のアトリエライブラリー。 約2,000本の色鉛筆が並ぶアトリエライブラリーは、スケッチブックなどに自らが自在に表現できる場所。アートや建築、デザインに関わる本を収蔵する。

アトリエライブラリーで行われる手ぬぐいの絵付け。型染作家の小倉充子さ んによるオリジナル手ぬぐいは箱根の動植物を描いたものも。

雄大な山々に囲まれた仙石原は作家や芸術家に愛されてきたエリア。〈ポーラ美術館〉や〈箱根ガラスの森美術館〉など様々な美術館、博物館が点在する。アートに親和性の高い場所に2018年7月にオープンしたのが〈星野リゾート 界 仙石原〉だ。コンセプトは「アトリエ温泉旅館」。画材や絵筆が並ぶアトリエに仕立てたライブラリーは思い立ったらいつでも使うことができ、手ぬぐいに絵付けや色付けをする体験も行われている。ゲストやアーティスト、スタッフまでもがいろいろな手法、材料でアートを表現するという。

客室ごとに異なる、アーティストが手がけた作品が飾られている。

客室の露天風呂。大涌谷から引いたお湯は少し白濁した酸性の温泉で、保温効果のある美肌の湯。

また全室露天風呂付きの客室は「仙石原アトリエの間」と名付けられ、アーティストインレジデンス箱根仙石原で仕上げられた国内外のアーティスト12名の作品が部屋ごとに展示されている。それぞれが開業前の各部屋に滞在し、ここで受けたインスピレーションをもとに制作した作品だ。彼らが感じたことなどのコメントも残されており、ともに作品鑑賞するのも特別な体験に。

夕食のメインは火山活動でできた仙石原をイメージし、山の幸と海の幸を溶岩に見立てた石で焼く山海石焼。

近海の魚や地元の漬物などが盛られた朝ごはん。ほかにテーブルで焼き上げる山芋のステーキも。

館内のロビーエリアに展示された巨大なオブジェからお食事処の箸置きに至るまで、あちこちにアートが感じられる。それらに影響を受け、何かを表現したくなる、そんなインスピレーションが得られる宿なのだ。
(Hanako TRIP『思い立ったらすぐ行ける!自分のための心休まる宿へ。』掲載/photo:TMegumi Seki text:Rie Nishikawa)

2.究極のデトックス!長野で「モダン湯治」〈星野リゾート 界 松本〉体験/松本

全国に14の温泉宿をかまえる温泉旅館ブランド「星野リゾート 界」が、始動した「うるはし現代湯治」。一泊二日のプログラムで、温泉の本質から入浴法、温泉呼吸法、入浴後のくつろぎ方、マッサージ、座禅・瞑想などから成る。長期滞在はできないが、デトックスもパワーチャージもしたいわがままなわたしたち現代人にぴったりのそのプログラムを体験するため、今回おじゃましたのは現代湯治を独自に開発し、以前から導入していた〈界 松本〉。日本書紀にも記された約1300年の歴史ある名湯の現代湯治で、ココロもカラダも整える。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ