無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マスクが原因!? 口の周りのブツブツ、肌荒れが悪化!無印良品アイテムを使ったケア法

美容

マスクによる肌荒れの原因は何?

肌の水分量が少なく乾燥した状態で長時間、長期間マスクをつけ、繊維による摩擦によってカサつき、肌荒れを招きます。また、通気性の悪さによって蒸れやすくなり、汗や皮脂が肌表面に残ることでニキビや吹き出物ができやすくなります。

帰宅後はなるべくすぐに洗顔で汗や皮脂汚れをしっかり落とし、たっぷりと保湿ケアを行うことをおすすめします。なるべく通気性がよく、肌にやさしい素材のマスクをとり入れるようにしましょう。

今回は、無印良品のアイテムを使った、肌荒れ解消法をご紹介します。

ニキビ、吹き出物を防ぐ!肌荒れ解消ケア法

(1)クレンジング、洗顔で肌の汚れを落とす

1日の終わりには、クレンジングを使ってメイクや外気汚れを浮かせるように落とし、泡立てた洗顔で汗や皮脂汚れを落としましょう。マスクで肌荒れが気になるときは帰宅後、すぐに行うのがおすすめです。

(2)化粧水を肌にたっぷり浸透させる

500円玉ほどの量の化粧水を手にとり、顔全体に広げるようになじませます。
もう一度化粧水を手にとり、顔全体に手のひらを密着させて角質にしみこませるようにハンドプレスをくり返します。

(3)保湿パックで水分量を高める

肌がカサつきやすい、細かなプツプツができやすい場合は水分を保持する力が弱くなっている場合があります。化粧水を浸透させたあと、保湿パックを肌にのせて10分ほど置き、水分量を高めてあげましょう。

無印良品の保湿パックは岩手県釜石の天然水を使用したシートマスクなので、さっぱりした使い心地と肌がみずみずしくなるのもよい点です。

シートマスクを顔にのせて約10分間置きます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ