無料の会員登録をすると
お気に入りができます

万年ダイエッターを卒業! 夏までに治せる7つの太りグセ

「今年こそ痩せたい!」「夏までにキレイになりたい!」と思っている女性も多いですよね。今回は、ダイエットのために食事制限や運動を取り入れる前に見直したい!「太りグセ」をご紹介します。

2017年5月
美容

「太る」には理由がある!

流行りに乗ってダイエットしたり、短期間で緊急ダイエットをしてはリバウンドをしている女性は多いですよね。今回は、本格的にダイエットを始める前に治したい!「太りグセ」をご紹介します。

www.pexels.com

①「思い込み」でダイエット

「これを食べれば痩せる」「便秘が治る」などの口コミや広告に惑わされて、試したものの結果が分からないことってありませんか?自分の体質や肌に合ってないものを使っていても、お金と時間がもったいない!

www.pexels.com

「○○そう」で判断してない?

果物や野菜を見ると、「ヘルシーそう」と思ってしまっていませんか?調理法や食べ合わせ次第でカロリーが高くなりやすいんです。実際に、カロリーや糖質が高いグラノーラをヘルシーと思っている女性が多いんです。

www.pexels.com

外食のメニューに迷ったら、とろとろ系やふわふわ系よりも噛みごたえや食材の触感を感じられる方を選ぶと、五感で食事を楽しめるので満足度も高く、少しの量でも満腹を早く感じやすくなるので、食べ過ぎを防げます。

②食べたものが思い出せない

「食べる量は減っているのに、痩せない」「そんなに食べてないのに太る」と嘆く女性は多いですよね。ダイエットの基本は食事。健康や美容の基礎となる食事は、毎日の心がけ次第で変わります。

www.pexels.com

ダイエットの王道と言われている「レコーディングダイエット」。痩せないと感じているなら食事の見直しが肝心。食べたものや飲んだもの、量も含めて毎日記録することで自分の食生活を客観的に見直すことが出来ます。

www.pexels.com

ダイエットの近道は「続けること」

マッサージや運動も、毎日少しずつ続けるのが大切です。食事のレコーディングも、SNSやアプリで1日に食べたものを写真付きで記録するのがおすすめ。とりあえず、1日ずつ「出来ること」を増やしていきましょう。

www.pexels.com

③「○○だけ」ダイエットに飛びつく

テレビや雑誌の単品ダイエットの特集のたびに、スーパーやコンビニの商品が売り切れになることも。1-2週間続けて、少し痩せることもありますが、そのダイエット法は一生続けられますか?

記事に関するお問い合わせ