無料の会員登録をすると
お気に入りができます

屋内でも気をつけたい!暑さ&熱中症対策になる100均グッズ

100yen

今年の夏は、屋内でもマスクをつけたまま過ごさなければならない場面が多くなります。マスクをしたままだと、体内に熱がこもりやすく、屋内であっても熱中症になるリスクも。適宜マスクを外し、身体を冷やす工夫が必要です。

そこで今回は、オフィスやおうちなど屋内で使いたい暑さ対策に役立つ100円ショップのアイテムを、暮らしスタイリストとして料理を始め家事全般の情報を日々発信されている河野真希さんに4つ紹介してもらいました。

暑い季節の外出時にあるとうれしい&安心!100均熱中症対策グッズ

おすすめグッズ1:ハンディ扇風機 充電式 くま(ダイソー)

エアコンのかかった室内でも「自分にとっては暑い!」と感じたときに、あるとうれしいのがハンディ扇風機。風があるだけで体感温度は下がります。自分だけに風を向ければ、部屋全体の温度を変えずともかなり過ごしやすくなり、ほかの人にも影響を与えずにすみます。

ダイソーのハンディ扇風機は100円ショップの商品ではありますが、価格は500円。とはいえ、買って損のない便利なアイテム。パソコンなどのUSBにつなぐと充電でき、持ち運びでもスタンドさせても使うことができます。風量は3段階で弱でもしっかりと風が送られてきます。

また、使用方法や環境によってもことなりますが、フル充電したあと「弱」設定で回してみたところ、なんと約2時間半回り続けました。

通勤や外勤の際には持ち運びで、内勤の際にはデスクに置くなど、屋外でも屋内でも役に立ちます。バッグに入れて持ち歩くのにも邪魔にならない大きさです。

おすすめグッズ2:アイスキューブ 10P クリアブルー(ダイソー)

冷凍庫で凍らせれば、氷の代わりになるアイスキューブ。氷のように溶けて水にならないので、飲み物が薄まらず最後までおいしく飲める上に、また冷凍庫に入れておけば、何度でも使うことができます。

ちなみに、氷との違いを確認するため、同じ量のお茶にほぼ同じ大きさの氷とアイスキューブを入れて置いてみました。直後に氷を入れたお茶の温度を測ると6.2℃、一方アイスキューブは7.8℃と、急速に冷やすのは氷に軍配があがりました。

でも、30分経過すると氷は完全に溶けてしまい、40分後の時点では氷が13.5℃と上がってきましたが、アイスキューブは10.3℃と冷たさを持続していました。しかも、飲んでみたときにお茶が薄まっていないのもうれしいところ。アイスキューブを入れた飲み物の方が最後までおいしく飲むことができそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ