無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ウェデイングハイ」は嫌われる?!やってはいけないNG行動

この時期になると結婚式を控えていたり、プレ花嫁になる人も多いかと思います。しかし、自分だけが幸せで、周りが見えず「ウェディングハイ」になっている姿に周りがウンザリしていることもあるのです。

2017年5月
恋愛・結婚

結婚を控えて幸せの絶頂♡

幸せすぎて周りが見えてない?

この時期になると結婚式を控えていたり、プレ花嫁になる方も多いのではないでしょうか。もちろん不安もあるでしょうが、何より幸せな気持ちが溢れている時期ですよね。

Photo by Tom Pumford / Unsplash

しかし、中にはこのプレ花嫁の「ウェディングハイが嫌」という方もいるんです。

「ウェディングハイ」って何?

「ウェディングハイ」とは結婚して幸せな気持ちで舞い上がり、周りが見えなくなって、相手に対して配慮のない言動をしてしまうことです。自分が幸せなら周りも幸せなはず、と気持ちを押しつけすぎてはいませんか?

そんなウェディングハイになって、周りを嫌な気持ちにさせないように、気をつけるべき行動や、言うべきではないキーワードをチェックしておきましょう。

四六時中結婚自慢

会うたびに自慢話が止まらない

友達に会ったら結婚の自慢ばかり延々してしまっていませんか。彼がどんなに素敵な人なのかのろけたり、結婚がどれだけ幸せなのか語ったり…結婚が決まってそのことで頭がいっぱいになってしまうのはわかります。

Photo by Suhyeon Choi / Unsplash

しかし、自慢ばかりだと聞く方も疲れてしまうでしょう。ちょっとした話なら友達も祝福してくれるけど、やりすぎると嫌がられるかもしれないのでほどほどにしておきましょう。

さりげなく「結婚」アピール

友達と会うのを断るときに「ごめん、その日は式場の話し合いがあって~」、スイーツをプレゼントされて「ドレスを着るためにダイエット中なの」なんて、口を開くと結婚の話題を出してはいませんか?

相手に聞かれて結婚のことを答えるのは自然ですが、自ら話題に出し過ぎると、相手としては閉口してしまうだけ。思ったとしても、結婚アピールになっていないか一度考えてから、口に出しましょう。

SNSの「幸せ」アピールにうんざり

SNSでも結婚準備からリアルタイムで報告して、結婚式や披露宴も実況中継の勢いなんて人もいます。人の結婚に興味がない人は、タイムラインが結婚だけで埋め尽くされると困ってしまうでしょう。

記事に関するお問い合わせ