無料の会員登録をすると
お気に入りができます

硬くなったパンは捨てないで!復活させる裏ワザ9連発

放置して硬くなってしまったパン、食べられないと捨ててしまってはいませんか? 実は再びふわふわに復活させる方法があるんです。

2017年5月
レシピ

硬くなったパンを捨ててない?

ふわふわやわらかに復活するんです

放置して硬くなってしまったパン、賞味期限は過ぎていなくても、ボソボソでおいしくないと捨ててしまっていませんか? それは、かなりもったいないことです。というのも、硬くなったパンはまたやわらかくできるからです。

そこで、カチカチになってしまったパンを、ふわふわに復活させる方法をご紹介します。

硬くなったパンのふわふわ復活法

1.電子レンジで温める

食器棚が新しくなりました( ͡° ͜ʖ ͡°)✨
奥行きが広くなって、リビングの棚にも食器置いてたのも全部入りました!
後ろのシステムキッチンに色を近づけたかったので、これで色味が統一☻
グリーンも吊ってキッチン立つのたのしくなりました♡
・
・
・
・
・
・
・
・
#炊飯器 #モチーフ編み #デロンギ #doubleday #shelf #kitchen #interior #instahome #電子レンジ #家電 #ダルトン #100均 #ハンドメイド #handmade #食器棚 #キッチン #セリア #ダイソー #麻ひも #ikea #インテリア #コーヒーメーカー #ディスプレイ #diy #mygoodroom
instagram.com

硬くなったパンを水で湿らせたタオルやキッチンペーパーにくるみ、電子レンジで10秒ほどチンするだけでふわふわに戻ります。最も簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

2.200度のオーブンで5~10分焼く

オーブンを200度に設定して、ベーキングシートを敷き、パンを5~10分ほど焼く方法もあります。オーブンによって温度も若干異なるので、それに合わせて時間を調節しましょう。焦げないように目を離さないこと。

パサパサ感がなくならないという人は、霧吹きでパンに水をかけてからアルミホイルで包み、同じようにオーブンで焼く方法もお試しください。

3.アルミホイル+オーブントースター

パンをアルミホイルで包み、オーブントースターで焼いても復活します。オーブントースターはあらかじめ温めておきます。アルミホイルは一度くしゃくしゃにしてから広げてパンを包むことで、べたっとくっつきにくくなりますよ。

アルミホイルの内側に霧吹きをしてパンを包み、あとはトースターでお好みのふわふわ感になるまで焼き上げましょう。霧吹きで表面がふわふわに、アルミホイルで中まで熱とふわふわ感が浸透します。

4.蒸し器を使う

oceans-nadia.com

古くなったパンは水分を失っているので、蒸し器で水分を含ませて温める方法もありです。焼きたてのようにふわふわもちもちになるそうですよ。

記事に関するお問い合わせ