無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ニュルニュルがこれほど快適だったとは![ダイソー]の「ふわっとバターナイフ」がもう手放せない

100yen

朝はパンと決まっているわが家。家族全員、愛してやまないのがバタートーストです。

となると当然、何でバターを塗るか?が最大にして積年の課題になってくるわけで。

「塗りやすい」と話題になっているバターナイフはもちろん、バター自体をカットして入れておくケースなど片っ端から試しまくってきました。

どれも一長一短あるので(使いやすいけど洗いにくいなど)手放せず、おかげでバター関連グッズのコレクター状態(笑)。

これさえあればOK!というものになかなか巡り合えないまま、今日に至っているわけですが、ついに究極?の1本を【ダイソー】で発見しました。

キーッとならずにバターが塗れる幸せ!【キャンドウ】の「直ぬり バタースティック」導入で朝からハッピー(画像1/11) - レタスクラブ https://www.lettuceclub.net/weblettuce/article/212355/i1306954/

「ふわっとバターナイフ」 200円(税抜き)です。

名前のとおり、冷えてかたいバターをふわっとした溶けやすいバターにしてくれるそう。

サイズは約長さ165×幅(最大)22×奥行10mm。

材質はステンレス鋼。

最大の特徴は、ナイフ部分にたくさんあいている小さな穴。

一見、おろし金のようにも見えますが、よ~く見ると、ひとつひとつがピーラー状になっていることが分かります。

なるほど、これでバターを削るというわけですね。

では、さっそくトライすることに。

冷蔵庫から取り出したばかりの冷え冷えのバターに、ナイフ部分を当ててスーッとなぞるようにスライドさせていくと、小さな穴のひとつひとつからバターが細~い麺のようになって糸状にニュルニュル~と出てきます。

ひゃ~、これは面白い!

バターをケースに入れていたので、ナイフを端から端までスライドさせられなかったのが残念ですが、それでもちゃんと削れています。

さっそく、焼きたてのトーストの上にオン!

と、ここでひとつ問題が!

糸状に削られたバターがあまりにやわらかくてふわっとしているので、なかなかナイフから離れてくれないんですね。

形状からしても、穴から出てくるバターはナイフの上、でも、そのバターを塗り広げるために使う面はナイフの下。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ