無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬に買ってはいけない『NGトイレ』の特徴4選!愛犬に合わないトイレは健康にも影響を与える?

愛犬を迎える前、準備として犬用トイレを購入します。しかし、犬用トイレは間違った商品を選んでしまうと、その後、愛犬に悪影響をもたらす恐れがあります。今回は、そんな犬に買ってはいけないNGトイレの特徴をご紹介していきます。

ペット

犬に買ってはいけないNGトイレの特徴

犬用トイレは、さまざまな種類の物が販売されています。最近では、おしっこがはみ出さないよう壁が取り付けられているトイレや、男の子用にポールが中心に立っているトイレなど、バリエーション豊富です。

しかし、犬用トイレはすべてが愛犬に適しているというわけではありません。トイレを選ぶ際は、愛犬に合った安全性の高いトイレを選ぶことが最も重要です。今回は、犬に買ってはいけないNGトイレの特徴を4つ紹介します。

犬用トイレの購入を検討している方や、なかなかトレーニングが進まないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.小さすぎるトイレ

愛犬の体に対して、小さすぎるサイズのトイレを購入してしまう飼い主さんを時々見かけます。特に、ペット可のワンルームに住んでいる方の場合、あまり大きなサイズのトイレを部屋に置くスペースが無いという理由から、小さいトイレをあえて選ぶ人もいるでしょう。

しかし、愛犬の体に合っていない小さすぎるトイレを選んでしまうと、トイレトレーニングの際にトイレからおしっこがはみ出しやすいため、なかなか進まない…ということにもなりかねません。

また、無理な体勢でおしっこをすることによって、足腰に負担をかけてしまう恐れもあります。特にシニア犬の場合、すでに足腰が弱っていることが多いので、大きな負担となります。気を付けましょう。

2.大きすぎるトイレ

小さすぎるトイレは、おしっこがはみ出してしまったり、無理な姿勢によって体に負担をかけてしまう恐れがあります。では、大きいトイレが良いかと言うと、それも間違いです。

大きすぎるトイレは、たしかにおしっこをした際にはみ出すことも少ないですし、体勢も楽な体勢でおしっこができるでしょう。しかし、愛犬の体のサイズに比べて、大きすぎるトイレを用意してしまうと、犬がトイレとして認識しない恐れがあるのです。

トイレとして認識してもらえなければ、当然トイレトレーニングは進みませんし、せっかく購入したのに使ってもらえません。

そのため、犬用トイレを選ぶ際は、愛犬の体に適したサイズのトイレを購入しなければいけません。

3.段差のあるトイレ

トイレにもさまざまな種類があります。段差のあるトイレもありますが、こちらは子犬やシニア犬にとっては、少々使いづらいトイレなので、推奨できません。

子犬はまだ体が未発達です。そのため、小さな体を頑張って段差に乗せ、トイレをする…という過程ができなかったり、「嫌だな」と感じてしまったりする恐れがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ