無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バランスボールの大正解!“乗るだけ+α”が最高に効いちゃいました!

ライフスタイル

自宅でTVを見ながら体を鍛えることができるバランスボール。「ただ座るだけ」でさまざまな美容・健康効果が期待できると大人気のトレーニンググッズですが、いざ購入しようとなるとサイズや素材などわからないことだらけ。そこで今回はパーソナルトレーナー&現役格闘家の板谷一樹氏に選び方から使い方まで完全ガイドしてもらうとともに、バランスボール14製品のおすすめランキングを決定しました!

Amazonで見る

▼テスト結果

扱いやすさ
31/35点


付属物
27/35点


コスパ
27/30点


合計
85/100点

14位の「susanSport」は、ピーナツ型のユニークなバランスボールです。サイズは直径約48cm×90cmで、対応身長が155~175cmとなります。

上の写真のような側臥(腰と股鍛錬)、ポールマッサージ、仰臥起き上がり(腹部引き締め、バランス強化)など、この商品ならではのオリジナルトレーニングができます。

このように、背面のストレッチにも使えます。

厚さ約1mmで質感はやや薄め。レビューでも丈夫さにやや欠けるというものがありました。

今回は14種類のバランスボールを紹介しましたが、弾力性など性能に関して大きな差はありませんでした。

大きく違う所といえば、サイズバリエーションや、付属品などなので、商品情報をよく確認して購入するようにしましょう。

また、腕も鍛えたいならチューブ付き、上に乗るのが恐いなら固定リング付きや半円型など、用途や好みに合わせて使いやすいバランスボールを選んで、ご自宅でのエクササイズを楽しんでくださいね!

今回監修をしていただいた板谷一樹氏が所属するのGRABAKA 東中野ジムのご紹介です!

GRABAKAは、2000年にチームを結成。2001年にGRABAKAのリーダー 菊田早苗がアブダビコンバット世界大会で優勝。 寝技世界一になったのを皮切りに勢いづくと、同年9月にパンクラスライトヘビー級王者に。2002年12月に東京中野区にGRABAKAジムを設立。パンクラス、PRIDEなどに多くの選手を送り込み、チャンピオンを輩出してきました。

また、近年の格闘技フィットネスブームで女性にも人気。一般向けのジムとして、キックフィットネスや柔術部門もあり、現役プロ選手が丁寧に楽しく指導しています。

同ジムではパーソナルトレーニングも行っています。詳しくは下記のHPをご覧ください!

「GRABAKA」公式HP
http://www.grabaka.com/#about

http://www.grabaka.com/#about
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ