無料の会員登録をすると
お気に入りができます

当てはまれば上級者!?4項目でわかるあなたの「キスレベル」

女性の皆さんは、自分のキスがどれくらい上手いのかチェックしたことはありますか?
自分ではイケていると思っていても、実は下手な分類に入るかもしれませんよ。

今回は、あなたの「キスレベル」を4項目に分けてみました!

(1)キスレベル1「はむはむするように唇を食べる」

当たり前なことですが、キスは唇に触れることから始まりますよね。
唇の感触を確かめるようにはむはむすることを「バインドキス」と呼びます。

まずは軽めのキスが楽しめるようになれば、第一段階はクリアです。
唇を硬直させて「んっ!」としたままでは、相手は何も出来ず「キスが嫌だったのかな?」と勘違いしてしまいます。

(2)キスレベル2「舌を相手の口内に入れる」

思う存分唇を楽しめたら、次は舌を相手の口内に入れます。
ディープキスは誰でもできるようで、実は生理的に無理と考える女性が多いです。

なかなか舌を出せなかったり入れてもすぐ戻してしまったり、体がディープキスを拒んでしまっています。
ディープキスができれば快感を得ることができるので、ここまではなんとか頑張りましょう。

(3)キスレベル3「舌を出した状態で触れ合う」

ディープキスまでできれば、舌を出した状態で触れ合ってみましょう。
「ピクニックキス」と呼びますが、舌が丸見えな状態で刺激し合うのは想像以上に生々しい光景です。

これができるようになれば、相手からかなりエロい印象を与えることができます。

(4)キスレベル4「相手の呼吸に合わせて舌を吸う」

舌の動きがマスターできたところで、相手の舌を吸う工程に移ります。
相手の舌をストローのように吸うことを「ストローキス」と呼び、吸われた側は刺激的な快感を得ることができますよ。

やたらむやみに吸うのではなく、相手の呼吸に合わせて優しく吸うのがポイントです。

キスは、イメージトレーニングと回数を重ねていくことで上手くなりやすいです。
しかし、「相手を気持ちよくさせたい」という気持ちがなければ、いつまでたっても成長しません。

この記事を参考にして、自分のキスレベルをチェックしてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ