無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日1回トライ! 美しいヒップを手に入れるテレワークヨガ

美容

せっかく歩くなら、地面を蹴ってお尻を使おう

パンツ姿のお尻がパンパン、お尻と脚の境目がぼんやり…。大きくなったり、垂れたりしてしまったお尻によって、後ろ姿がこのような残念なことになっていませんか?

「外出の機会とともに、歩く機会が減ると、やはりお尻の筋肉は衰えてしまいますね。でも、歩いているのに、お尻の筋肉を使えていない人も多いんです。それは、歩幅の狭い人。スマホを見ながら歩いていると、どうしても歩幅が狭くなってしまうので、安全のためだけでなく、お尻のためにも歩きスマホをやめて、歩幅を広げましょう。『地面を蹴って前に進む』ことを意識すると、歩くたびにお尻の筋肉が使われますよ」

歩くときは歩幅を意識し、家ではヨガのポーズでお尻を鍛えて、引き上がった美しいお尻を目指しましょう。

お尻伸ばし

じつは、コリやすい場所であるお尻。座っている時間が長く続くと、お尻は圧迫を受けっぱなしです。そんなお尻も、手脚を動かせば、座りながらほぐすことができます。形の美しいお尻作りは、まずほぐしから!

<1>

イスに座り、右脚を左脚に乗せます。右ひざを右側に向け、右足の外くるぶしが左ひざの上あたりにくるように。

<2>

左手で右足首を持ち、右手で右ひざの内側を押します。右ひざ〜右足のラインが床と平行になるくらいまで押しましょう。

<3>

両手を脚から離し、右脚を左脚に乗せたまま、前屈をします。左右の座骨をイスの座面から離さず、両腕をブラーンと肩の下に垂らして脱力します。ここで3呼吸。体勢を戻し、反対側も同様に。

チェアのポーズ

座った状態から立ち上がって行うチェアのポーズ。立った状態から腰を落とすよりひざに負担がかかりにくく、お尻の筋肉も効果的に使うことができます。脚の裏側の筋肉も使うので、お尻〜もも裏のラインにメリハリも。

<1>

イスに浅めに腰をかけ、脚は腰幅に開きます。背すじを伸ばし、手は太ももの上に置いておきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ