無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜型生活から抜け出すコツ9つ

ライフスタイル

働き方が変わると、生活リズムはどうしても乱れがち。特に昼夜逆転生活はなかなか抜け出せないものです。そこで、今回は心理カウンセラーの桑野量さんに昼夜逆転生活を直す方法を教えてもらいます。

寝る前に食事をすると、消化することにエネルギーが使われてしまい睡眠の質を下げてしまうことがあります。なので、なるべく就寝の数時間前には食事を済ませるようにしましょう。

(8)午前中に予定を入れておく

会議や打ち合わせなどの予定を、なるべく午前中に入れるようにしてみてください。

午前中に人との予定を入れることで、強制的に前日の夜にダラダラと夜更かしできないようにしておくのです。

(9)地道に改善することを心掛ける

昼夜逆転している状況を、1日や2日で戻すのは難しいです。少しずつ戻していくイメージで、1〜2週間以上のスパンでゆっくり体に慣らしていきましょう。

コツコツと改善していこう!

働き方が変われば、それに伴って生活のリズムも見直していく必要があるのは当然のことです。

昼夜逆転になってしまうのは、あなたが怠けてしまうことや意志が弱いことが原因ではありません。変化に対応する時は、今まで通りにうまくいかないことは誰にだってあることです。

朝日を浴びる、軽い運動をするなどで、体のメカニズムも味方につけて昼夜逆転を直していきましょう。

(桑野量)

※画像はイメージです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ