無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疲れているのに眠れない…これって[育児うつ]?原因や対処法を紹介

子育て

育児で疲れているのに、眠れないし気力が湧かない…。それはもしかすると、「育児うつ」かもしれません。今回は、育児うつの原因や対処法について紹介します。

育児中の沈んだ気持ち…これって育児うつ?

育児うつとは?産後うつとの違い

「育児うつ」とは、子育てによるストレスや、環境の変化などで起こるうつ症状のことを指します。
似た言葉で「産後うつ」がありますが、こちらは産後2~3週間のホルモンバランスや育児疲れによるうつ症状のことを示し、一過性のものです。
育児うつは、子どもの年齢に関係なく、育児をしている人なら誰にでも起こりうる症状なのです。

育児うつの症状とは?セルフチェックをしよう

まずは、セルフチェックをしてみましょう。
以下の症状に当てはまったら、育児うつの可能性があります。

育児うつの原因やなりやすいタイプとは

なぜ育児うつは起きるのでしょうか。
原因を見てみましょう。

育児うつの原因

女性は妊娠・出産によってホルモンバランスが大きく変わります。
特に、女性ホルモンが減少することにより、精神的に不安定になってしまうのです。

特に授乳期間中は、夜泣きや夜間授乳で寝不足になりがちです。
子どもが大きくなっても、育児に加え、家事・仕事で睡眠時間を削っていると、ストレスが蓄積されてしまいます。

女性はマルチタスクが得意といわれていますが、母親業は初めての連続。
慣れない育児に追われると、脳がキャパオーバーになり、物事を否定的に捉えるようになります。

育児うつになりやすいタイプとは

育児うつになりやすいタイプは、完璧主義の人です。
家事も育児も仕事も完璧にこなさないとダメという考えの人は、コントロールができない育児に強いストレスを感じる傾向があります。

育児うつにならないための対処法3選

1.ひとりになれる時間をつくる

まずは1時間でもいいので、ひとりの時間をつくりましょう。
近くに頼れる人がいない場合は、ファミリーサポートセンターなど自治体のサービスも利用してみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ