無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が『触ってほしい時』にしている仕草や行動5選

犬は飼い主に触れてほしいと思ったとき、ある仕草や行動で「触って~」とアピールしています。犬が『触ってほしい時』にしている仕草や行動を見逃さず、しっかりキャッチすることで、愛犬との絆をより深めましょう。

ペット

犬が『触ってほしい時』にしている仕草や行動

皆さんは愛犬が「触って~」とアピールしていることに気付いていますか。せっかくアピールしてくれているのならば、飼い主としては気付いてあげたいですよね!今回は、犬が触ってほしい時にしている仕草や行動を紹介するので、参考にしてください。

1.飼い主の体にあごを乗せる

ソファーやラグマットに座って寛いでいる際、愛犬が隣にやってきて、膝やお腹の上などに顎を乗せてくることはありませんか。

これは「かまって」「触って」という甘えたい時に見せるサインです。飼い主の体に直接頭を乗せることで、頭を撫でてもらおうという意図があります。

とても可愛らしい仕草なので、飼い主として「撫でてほしいのかな?」と考えなくても、自然と手が愛犬の頭や背中にいってしまうかもしれませんね!

2.顔周りを舐めてくる

「かまって!」「撫でて~!」と甘えてくるときの定番サインとして、飼い主の顔周りや口元などを舐めてくる行動があります。これは、子犬が母犬に対して甘えたい時に見せる仕草です。

つまり、この行動を見せてくる犬は、飼い主のことを母犬のように甘えられる存在として認識しているのです。なんだか嬉しいですよね。

また、顔周りを舐めることで、自分に注目を集め、撫でてもらおうという心理も働いていると考えられます。ぜひ顎の下や顔周りを優しく撫でたりマッサージしたりしてあげてください。

3.体や頭をスリスリと擦りつけてくる

飼い主が家事をしているとき、あるいは寛いでいるときなど、さまざまなシチュエーションで、体や頭を飼い主の体にスリスリと擦り付けてくるような行動を見せてくる犬は多いです。

これも「飼い主さん、撫でて~」「僕のこともかまってよ~」とアピールしているときに見せる行動の1つです。直接自身の体を飼い主の体にくっつけることで、撫でてほしい、触ってほしいということをアピールしているのです。

手が空いているときであれば、そのまま撫でたりマッサージしたりしてあげてください。舵などの用事で手が空いていないときは、「後でね」「ちょっと待ってね」と声をかけてあげてくださいね。

4.目の前でゴロンと仰向けになる

飼い主の前にやってきたと思ったら、突然ゴロンと仰向けになり、お腹を見せるポーズをすることはありませんか。これはお腹を見せることで、「お腹を撫でてください!」とわかりやすくアピールしています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ