無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と知らない「クエン酸」やっていいこと・ダメなこと解説!簡単スッキリ掃除術[プロ監修]

インテリア

頑固な水垢が残る場合は、ラップやブラシに直接クエン酸をつけてこすると◎。

(4)洗い流して拭き上げる

その後よく流して、スキージーで水気をきってから、吸水クロス(マイクロファイバークロス)等で拭くと、拭き跡が残りません。

こちらは車用のクロスです。

before→after

少し分かりにくいですが、拭いても落ちなかった水垢がしっかり落ちました!

水垢はとても頑固なので、頑固な場合は何度か繰り返す必要があります。
私も約3年きちんとやらなかったので、最初落としきるまでは何度もやりました。

でも水垢は防げるんです!

水垢ができる前に対策を!

水垢を予防するためには、水が乾く前に拭くのが◎。
スキージーで水をきってから、不要なタオルや吸水クロス等で拭いておくと、水垢は出ません。

……でも、毎日全て拭くのは大変。まずは鏡や水栓等、目立つ部分だけ拭いてみるなど、簡単な方法にすると長続きしますよ!

水垢のお掃除にクエン酸を活用してみませんか?

クエン酸についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

水垢や尿石等は、蓄積して固まってしまうと頑固で落ちにくくなってしまいます。
クエン酸だけですぐに落ちない場合もありますが、繰り返す事で徐々にに落ちてきますので、根気よく頑張りましょう♪

また次回、クエン酸の使い方を色々ご紹介させていただきたいと思います!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ