無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目上の人に「助かります」を使うのがNGな理由

ライフスタイル

ビジネスにおいて、目上の人や取引先に対して「助かります」という言葉を使って良いかどうか悩んだことはありませんか? 今回は、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに、「助かります」の使い方や言い換え表現などについて解説してもらいました。

・「お手数ですが、お知らせいただけますか?」

→「お手数をおかけしますが、お知らせくださいませんか?」

→「お手数をおかけしますが、お知らせいただけませんでしょうか?」

さらに丁寧な言葉遣いが求められる場面では、クッション言葉と呼ばれる「お手数ですが」「恐れ入りますが」「お忙しい中」「ご面倒をおかけしますが」などの言葉を添えると良いでしょう。

「助かります」と言われた場合の返事の仕方

ちなみに、自分が相手から「助かります」や「助かりました」と言われた時の返事はどのようにしたら良いのでしょうか?

よく使われる表現は下記の通りです。

「~してくれて助かりました」と感謝された時

この場合には、下記のような返事ができます。

・「お役に立ててうれしいです」

・「お役に立てて何よりです」

・「とんでもございません」

・「恐れ入ります」

「~してくれると助かります」と依頼された時

この場合には、下記のような返事ができます。

・「かしこまりました」

・「喜んで〜させていただきます」

・「承知しました」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ