無料の会員登録をすると
お気に入りができます

髪をうまく染める方法|自宅で簡単にできるセルフカラーのポイント6つ

髪をカラーしている人のお悩みの一つに忙しくてカラーリングに行く時間が無かったり、また現在は外に出にくい状況になってしまったりと、困ることがありますね。髪をうまく染める方法やコツがわかれば自分の都合でセルフカラーが出来ます。こちらでは基本の方法や必要なもの、コツなどをご紹介していきます。

ヘアスタイル

基本のセルフカラーの方法

セルフカラーに必要なもの

髪をうまく染めるためにまず、作業する前に必要なものをキチンと用意しておくことが大切です。鏡やカラーリング用のくし、使い捨ての手袋やタオルなど。服にカラー剤が付かないよう化粧ケープやブロッキングに使うクリップも必須です。あとは時間を計るためにキッチンタイマーや顔周りに付くのを防ぐためコールドクリームがあればいいですね。

セルフカラーの手順①クシで髪をとかす

セルフカラーの前にくしで丁寧に髪をとかします。髪のからまりを無くすとともに、髪に付いたほこりや油を取り除いてカラーリングの効果が弱くならないようにする効果があります。あまり地肌に刺激を与えないように優しくブラッシングして下さいね。

セルフカラーの手順②髪をブロッキング

カラー剤を塗布しやすいよう、髪をブロッキングしていきます。前髪・顔周りの両サイド・後ろ2段の計4か所をクリップでとめていきます。髪の量が多い場合には後ろを3段に分けます。ブロッキングがきれいにカラーするための鍵になります。

セルフカラーの手順③汚れても良いように保護

カラー剤で汚れても良いように床の回りに新聞紙等を敷いて保護しましょう。自身もケープをつけて服が汚れないようにして下さい。万が一顔周りに薬剤がついてもいいようにコールドクリームをつけたりイヤーキャップを耳に被せて保護するのも良いですね。

セルフカラーの手順④カラー剤を混ぜる

箱に記載されている手順を守ってカラー剤を混ぜていきます。この時もこぼれたときのために、新聞などをひいた上で作業してください。手に薬剤が付かないように使い捨ての手袋をつけましょう。手袋の袖口を輪ゴムで止めると手袋がぶかぶかにならず、後からの作業も楽になります。

セルフカラーの手順⑤襟足から塗っていく

襟足は手も届きにくく、染まりにくい箇所なので一番最初に塗布していきましょう。手が届きにくく自分では見えない所なのでこの部分だけ誰かにお願いするのもいいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ