無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1回15分で効果あり!「バスタオルエクササイズ」で健康的なくびれを手に入れよう♡

ダイエットも健康的な美しさがスタンダードとなりつつある、このご時世。ムキムキではなく、ほどよく引き締まったメリハリのあるボディに憧れちゃいますよね。今回は家にある「バスタオル」を使った部位ごとのエクササイズをご紹介したいと思います。

2017年5月
美容

バスタオルがダイエットグッズになる?!

あなたは「バスタオルエクササイズ」を知っていますか?その名のとおり、バスタオルを使ったエクササイズなので、とっても手軽にウエストの引き締めなど驚きの効果が期待出来ると話題になっています。

やり方は、バスタオルを体に巻いて、姿勢を正したり、代謝を上げたりといったもので、運動が苦手な方でも全く問題なし!今回は、この「バスタオルエクササイズ」についてご紹介したいと思います。

バスタオルエクササイズとは?

ウエストの引き締め効果バツグン!

バスタオルエクササイズはLAVAビレッジ伊豆高原のインストラクターをされている小山圭介さんが提唱するダイエット法。

バスタオルを身体に巻いて、骨盤、背骨の歪みを整えた状態でエクササイズをするので、運動効果がアップ。特に、ウエストに効果絶大のほか、肩こりや腰痛なども改善されやすいのだとか。

ダイエット王子 小山圭介オフィシャルブログ

身体の歪みを改善できる!

身体は日常のちょっとした習慣でねじれています。例えば、歯を磨いている時やお皿を洗っている時、ほとんどの方がどちらかの足に重心が乗っているはず。片足で立つ癖のある方は歪む傾向があるので要注意。

その他にも、長時間のデスクワークで同じ体勢と取り続けたり、猫背になったり、足を組んだり。これもすべてねじれから歪みを引き起こし、肩こりや腰痛に影響していきます。

身体の中をキレイにする

バスタオルを着物の帯のように縦半分に折りたたんで、ギュッとにお腹に巻いてエクササイズをすることがポイントなのですが、こうする理由は“お腹のむくみ”を取るためでもあるのだとか。

また考案の小川さん曰く、お腹のむくみをバスタオルで下半身に移してからエクササイズすることで、お腹から移ったむくみがもともとのむくみもろともさらって、尿として出してくれる効果もあるのだとか。

バスタオルエクササイズのやり方

用意するのはバスタオル1枚だけ!

バスタオル1枚用意し、細長くするために縦に4つに畳みます。タオルの中央部分が背中に当たる様にし、お腹をへこませてタオルをきつく巻きましょう。ずれないように、しっかり端を固定して下さい。これで準備完了!

1. バンザイエクササイズ(くびれ・下半身太り改善)

足を肩幅くらいに開き、両手をグーで握って胸の前に構えます。背骨は伸ばしたまま、お尻を引く感じで腰を下に落としましょう。

次に、両手を天井に届かせるようなイメージで、ドーンと身体を伸ばします。これを20回を目安に繰り返しチャレンジしてみましょう。

2. CCエクササイズ(脇腹引き締め)

脚を肩幅に開いて手を開いたら真上にバンザイしましょう。片足だけ横に上げて、アルファベットの「C」の文字を作るイメージで脚と手をくっつけます。これを左右20回くらい繰り返します。

横の動きをすることによって脇腹を刺激できるエクササイズ。ポイントは、曲げるときに息を吐き、顔も一緒に倒すこと。

3. ツイストエクササイズ(くびれ・下半身太り改善)

脚を肩幅に開いて、胸の前でグーにします。お尻を後ろに引きつつ腰を落として、立ち上がりながら身体をグッと後ろにひねります。外側の腕を伸ばしてガッツポーズ。左右交互に20回ほど繰り返しましょう。

ポイントは、ウエストをひねる時に後ろをしっかり向いて、ガッツポーズをすること。ただし、こちらのねじりエクサイズはなかなかハードなので、無理せず自分ができる範囲でOK。

4. フロントランジスクワット(お腹まわり)

腕を胸の前で組み、脚を交互に前に出してスクワットします。この時、前に出した足のヒザを直角にし、後ろのヒザはしっかり床につけるのが正しいフォーム。左右それぞれ20回ずつ行いましょう。

これら一連のエクササイズを朝晩だけ3セットずつ行うと効果的と言われています。慣れるまではキツいエクササイズもあるかと思いますが、即効性はバツグンなのでやってみる価値ありですよ。

バスタオルで効果的なダイエットをしよう♡

1枚のバスタオル身体に巻くだけで簡単にできるとあって、ダイエッターの間では人気。たった1回でウエストが-6.5cmも減ったという口コミも。15分が無理でも、少しずつトライしてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ