無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[叱らない・褒めない]最近話題の「アドラー式子育て」ってなに?

子育て

「アドラー式子育て」って知っていますか?ダメとわかっていても、つい感情的に怒鳴ってしまったり、うまく褒められなかったりしますよね。子育てをしていると、子どもへの声掛けは悩みどころ。「アドラー式子育て」では、叱らない・褒めない子育てが勧められています。詳しく見てみましょう。

アドラーとは?

アドラーとは、オーストリア生まれの精神科医であるアルフレッド・アドラーのことです。
彼の提唱する心理学は「アドラー心理学」と呼ばれ、日本では書籍「嫌われる勇気」で話題になりました。

話題の「アドラー式子育て」ってなに?

「アドラー心理学」は、子育てにもつながる部分があります。
ここでは、「アドラー式子育て」のポイントを2つ紹介します。

子どもも大人も対等な存在として接する

アドラーは、「人間はすべて平等で、人間としての価値に上下はない」と考えています。
つまり、小さな子どもであっても、大人と平等であり、上下関係があってはいけないということです。

自分で考え社会と調和し、自立することが目標

アドラーの考える子育てのゴールは「自立」です。
自立とは、単に親元を離れることではなく、自分で考えて社会と調和できることを意味します。
そのため、小さなうちから自分で考えて行動するトレーニングを積み、親はそのサポートをするというのが子育ての真意なのです。

叱らない!褒めない!大切なのは「勇気づけ」

「アドラー式子育て」では、叱ること・褒めることはNGとされています。
大切なのは、「勇気づけ」です。
勇気づけとは、子どもの気持ちに共感し、「困難を乗り越える力」を与えることを意味します。
具体的に見てみましょう。

叱らずに共感して乗り越えよう

親が子どもを叱っているときは、関係が平等ではありません。
大人の目線で「これはこうするもの」と考えて、思い通りにならないから叱ってしまうのです。
叱るよりも大切なのは、共感すること。
例えば、子どもが味噌汁をこぼしてしまったとき、「だから言ったじゃない!」と感情的に叱ってしまいがち。
このときに、「こぼれちゃったね。次はどうしたらこぼさないかな?」などと声をかけ、失敗が学びにつながるのが「共感」です。

褒めずに感謝して喜ばせよう

「子どもは褒めて育てる」という考えの方もいますが、アドラー式子育てでは褒めるという行動は推奨されていません。
褒めるということは、子どもにへつらう行動と考えられているためです。
社会に出て褒められなくなったときに、挫折して会社を辞めてしまうというケースがあるのも、幼少期からのギャップが原因のひとつでしょう。
褒めるよりも大切なのは、感謝すること。
「えらいね!すごいね!」と褒めるよりも、「ありがとう!嬉しいわ!」と感謝するのです。
子どもは他者に貢献する喜びを覚え、自分から相手を喜ばせる行動をとるようになります。

大切なのは「対等に接すること」「勇気づけること」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ