無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「怒らない育児」って本当にいいの?実践するためのコツとは

子育て

従来の「厳しくしつける育児」から、今は「怒らない育児」がよいと言われています。しかし、実際に育児をしてみると、つい感情的に怒鳴ってしまうことも多いですよね。

今回は、怒らない育児のメリットや、実践するためのコツについてご紹介します。

怒らない育児とは?メリットは何?

15万部のベストセラーとなった「マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て」は、ママたちの間で話題の怒らない子育て。これは、親が自分の怒りをコントロールして、怒らずに育児をするというものです。

親が感情をコントロールして子どもに接することで、子どもはストレスを感じることが少なくなり、自分でストレスをコントロールできる大人になると言われています。

怒らないことでワガママにならない?

「怒らない」と聞くと、甘やかしてワガママになってしまうのでは?と疑問に思う人も多いでしょう。怒らない子育ては、甘やかしたり言いなりになったりすることとは異なります。

怒るという手段を使わず、共感をしてからダメなものはダメだと教えるのです。

育児中に怒ってしまう原因を知ろう

育児中に感じる感情・怒り。この怒りの原因は何なのでしょうか。

怒りの原因は子ども?自分?

怒りの原因は、子どもにあると思いがちですが、実は自分自身にあることがほとんど。例えば、子どもが宿題をしないとき、「いつになったらやるの!」と怒ってしまいがちです。

しかし、その怒りの原因は、「勉強しないと将来困ってしまう」という親が抱える不安や、「勉強を頑張って良い成績をとってほしい」という勝手な期待から生まれていることが多いのです。

怒りの記録をつけよう

怒りの原因を知るに、記録をつけてみましょう。怒りの原因が把握できれば、怒るポイントを事前に回避することができます。

例えば、忘れ物をして欲しくないのであればチェックボードを用意したり、怒らないための準備ができるのです。

怒らない育児を実践するためのコツ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ