無料の会員登録をすると
お気に入りができます

かき氷の奥深さに心奪われる!金沢でイチオシな個性派かき氷7選

金沢で今夏ひときわ注目を浴びているかき氷。実はいま、急激に増加と進化を遂げているんです。
古都として歴史が深い金沢には、古くから氷や雪を貯蔵する、氷室の文化が今も根付いています。そんな背景もあることから、金沢でかき氷が普及していくのは不思議ではありません。今もなお、かき氷を取り入れるお店が増加の一途をたどる金沢。今後はますます注目を浴びるでしょう。
今回は、そんな金沢でいただける個性あふれるかき氷を集めました。

旅行・おでかけ

金沢で今夏ひときわ注目を浴びているかき氷。実はいま、急激に増加と進化を遂げているんです。

古都として歴史が深い金沢には、古くから氷や雪を貯蔵する、氷室の文化が今も根付いています。そんな背景もあることから、金沢でかき氷が普及していくのは不思議ではありません。今もなお、かき氷を取り入れるお店が増加の一途をたどる金沢。今後はますます注目を浴びるでしょう。

今回は、そんな金沢でいただける個性あふれるかき氷を集めました。

シンプルさが魅力! 「クラモトアイス」

「玉露」(600円)

大正十二年から続く老舗氷屋「クラモト氷業」がプロデュースするかき氷「クラモトアイス」。普段は移動販売を行っていますが、現在は金沢駅構内にある「百番キッチン」にてポップアップショップとして登場中です。

夏祭りを彷彿させる、ポップさとお茶目さを兼ね備えたパッケージ。看板メニューである「玉露」は、金沢東山の老舗茶屋「米沢茶店」のお茶を使用。口の中に入れた瞬間、氷がふわっと解け、茶葉のザラザラした食感と、すっきりながら濃厚な茶葉の旨味が残ります。かき氷にベストな氷の温度まで計算尽くされたかき氷は、もはや職人技。氷屋だからこそ成し得る技と知恵を絞ったかき氷を、ぜひ堪能してみては。

フレーバーは通常メニューの3種類に加えて、ポップアップ限定フレーバーも登場中です。

クラモトアイス(クラモトアイス)

抹茶好きなら食べたい贅沢かき氷 「KISSA&Co.」

「かき氷抹茶練乳」(820円)

近江町市場からほど近い場所にある、シェア型リノベーションホテル「KUMU 金沢 by THE SHARE HOTELS」。

その1階にあるティーサロン「KISSA&Co.(キッサアンドコー)」でいただけるのが「かき氷抹茶練乳」です。上林金沢茶舗の抹茶を濃い目に点てた、抹茶シロップを使用。その上からは、ねっとりとした甘みたっぷりの練乳をかけていただきます。ふわふわのかき氷の中に隠れる小豆は、抹茶とも相性抜群です。

抹茶シロップと練乳は自分でかけて召し上がれ。

KISSA&Co.(キッサアンドコー)

フォルムが愛くるしい 「サロン・ド・テ・カワムラ」

「ブルーベリークリームチーズのかき氷」(1100円)

にし茶屋街のメインストリートにある「甘納豆かわむら」がプロデュースする大人カフェ「サロン・ド・テ・カワムラ」。

コロンとしたフォルムが目を引く「ブルーベリークリームチーズのかき氷」は、ペロっと食べやすい大きさに。ブルーベリーの果肉をしっかり感じられる自家製のブルーベリーソースは、素材の美味しさを存分に味わえます。かき氷の上にのったクリームチーズは、ブルーベリーと混ざり合い、まるでチーズケーキを食べているかのよう。かき氷の中に隠れた生乳アイスは、さらに優しい甘さを引き出します。

サロン・ド・テ・カワムラ(サロン・ド・テ・カワムラ)

宝探し気分を味わえるかき氷 「esnica」

「ティラミスかき氷」(1320円)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ