無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっとした工夫でOK!子供の好き嫌いをなくすための7つの方法

子育て

せっかく作ったのに子供がご飯を食べてくれない(泣)という困難に直面中のママやパパはいませんか? 味覚が鋭い子供に好き嫌いがあるのは仕方がありませんが、やっぱりいろいろなものをバランスよく食べて欲しいですよね。この記事では、ママやパパができる、お子さんの好き嫌いをなくす工夫の仕方をご紹介します。

ママとパパができる、子供の好き嫌いをなくすための7つの方法

1. いい食材を使う

筆者も経験があるのですが、子供の頃、親が購入した安い「ウニ」の食感がジャリジャリしていたことがきっかけで大嫌いになってしまいました。あるとき、いいお値段がする海鮮丼にのっていたウニを食べて「あれ、おいしいじゃん」と気づくことができたんです。

大人になり味覚が変わった、成長したということも理由ですが、子供の頃に食べたウニのじゃりっとした食感がないことに気づきました。私はたぶん、それが嫌いだったんだと思います。

お子さんが好き嫌いしている食材があれば、同じ食材でも少し品質がよさそうなものや、品種を替えてお料理してあげるのも効果的かもしれません。

2. 調理方法を工夫する

先ほどの「ウニ」の例もそうなのですが、味付けだけではなく、香りや食感などが原因で好き嫌いをしてしまう子供もいます。子供に好き嫌いされやすい野菜「トマト」のように、焼くことで甘みが増して食べやすくなる食材もあります。形を変える、味を変える、香りを加えることで、好き嫌いが克服される場合があるかもしれません。

3. 楽しく食事する

家族やお友達と楽しく食事していると、嫌いなものも不思議と食べられた、というようなことってありますよね。食べたときの環境や経験と関連させてその食べ物を好きになることを「嗜好学習」と言います。食べてよかった、食べたら楽しいことが起きたという風に思ってもらうことも、好き嫌いを直す手段のひとつです。

4. 親がおいしそうに食べる

ママやパパがその食べ物をおいしそうに食べて見せることも効果的です。子供は、ママやパパの行動をよく見てマネすることが大好き! お子さんが好き嫌いをしたものをプレートから取って「おいしい!」と食べて見せてあげましょう。

5. 無理に食べさせない

好き嫌いしているのがわかると、是が非でも食べさせたいと思うママやパパも多いはず。もちろん、嫌いなものでも繰り返し食べることで将来的に好きになることもあります。しかし、もしお子さんが食べたくないのに食べさせようとしたら、その食べ物や食事自体に悪い印象を持ち、逆効果になる場合も。なんらかの理由でその食材や料理を食べたくないのなら、無理に食べさせることはしないようにしましょう。

6. 食べられたら褒めてあげる

お子さんが好き嫌いしているものを自然に食べることができたら、ママとパパはぜひお子さんを褒めちぎってあげてください。褒めてあげることでその食べ物にいい印象を持つようになって、また食べてくれるはずです。

7. 食材といい思い出を作る

お庭でお野菜を作ったり、お休みの日に農業・酪農体験などに出かけて、食や食べ物に直に触れる機会を作ってみるのも 。食べることや食べ物に対する考え方が変わったり、食材に思い入れを作るきっかけになることがあります。また、ママやパパがお料理好きなら、一緒にごはんを作ってみるのもいいですね

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ