無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猛暑続きで電気代高騰!プロが「エアコン節電のウソ・ホント」にお答えします!

ライフスタイル

記録的な猛暑が続いた今年の夏!まだまだ厳しい暑さに、エアコンは手放せませんよね。例年より電気代がかかってびっくり、という人も多いのではないでしょうか。何とか節約したいとは思うものの、巷で流れているエアコン情報って、実際のところはどうなのでしょう?

そこで、猛暑~残暑を乗り切るための、家計にも人にもやさしいエアコンの理想的な使い方を、プロに教えていただきました!

教えてくれたのは・・・

エアコンのプロ・福田 風子さん

パナソニック株式会社
コンシューマーマーケティングジャパン本部
エアコン商品企画担当

「エアコンはつけっぱなしのほうがいい」ってホント?

「つけっぱなしにしたほうが電気代がかからない」という⾔葉だけが先⾏してしまっていますが、これは夏場30分程度の外出時なら「つけっぱなし」の方が電気代が安くなる場合がある、ということです(環境により異なります)。

外と家の中の温度差が大きい時にエアコンの運転をオンにすると多くのパワーが必要になりますが、いったん室内を適温にすれば、あとは少ない消費電力量でキープできるからです。

ただし、30分以上外出する場合は、切って出かけるほうがいいでしょう。エアコンは使用時間が長ければ長いだけ、もちろん電気代がかかります。また連続運転中は室内機内部を清潔に保つための内部クリーン運転が働きませんので、必要のない時は冷房や除湿運転をOFFにするといいでしょう。

「冷房」より「除湿」がお得ってホント?

「冷房」と「除湿」では消費電力に大きな差はありません。どちらも設定温度が高いほうが 節電になります。

冷房は「室温優先」になるため、室温が高い(外が暑い)場合は冷房をおすすめします(冷房による除湿効果もあります)。

除湿は「湿度優先」の弱冷房運転のため、湿度が下がった時点でゆるやかな冷房運転によりゆっくり設定室温まで下がっていきます。

外が雨、もしくは雨上がりなどで湿度が高い、洗濯物を室内で早く乾かしたいなど、室温より湿度を優先したい時は「除湿」に設定するなど、使い分けをしてみてください。エアコンが上手にコントロールしてくれる自動運転もおすすめです。

サーキュレーターや扇風機を併用すると、ホントにいいの?

エアコンの設置位置によっては、「エアコンの近くは冷えても、離れると少し暑い」と感じ、設定温度を下げることで電気代が上がってしまうことがあります。

そのような場合には、サーキュレーターや扇風機を併用し、エアコンの冷風を攪拌させて部屋全体に行きわたらせることで、設定温度を変えずに快適にできる場合があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ