無料の会員登録をすると
お気に入りができます

絶品「冷やし」メニューも!暑い夏を乗り切る無印良品のおすすめレトルト食品

グルメ

残暑はまだまだこれから!そうめんも冷やし中華も食べるときは冷たいけど、熱湯でゆでるのは暑い!そんなときにおすすめの無印良品のレトルト食品。「衣食住のちょっとの工夫で毎日の暮らしをもっと楽しく」をテーマに発信するSSS-Style+所属の芳賀裕子さんにおすすめを紹介してもらいました。

この夏イチ押し!「冷やし胡麻味噌坦々スープ」

冬も人気だった胡麻味噌坦々スープの「冷やし」バージョンが登場!冬は身体がポカポカ温まって大好きでしたが、夏に食べるのはちょっとためらっていました。夏は夏でちゃんと冷たく食べられるなんて、痒い所に手が届く無印良品さんですね。

そしてこの商品でなによりも魅力的なポイントは、レンチンすら不要で、冷や飯さえあれば1分で食べられるところ。

朝の残りごはんがあればこれだけで十分!お湯を沸かす必要もレンチンする必要もありません。器に入れるだけで食べられちゃう!本当に1分かからずお昼が食べられます。味も温かいときそのままのおいしさです!味も手軽さもおすすめの一品です。

冷やしバージョンもうひとつは「宮崎風 冷や汁」

もうひとつのおすすめは「宮崎風 冷や汁」。こちらもご飯にかけて食べますが、具は入っておらず、さらっとしたスープ、あるいは味噌汁のような感じ。下の方にドロッとしたすりごまがいっぱい入っているので、よく振ってから一気にかけると最後まできれいに出せそうです。

お好みの具材として「きゅうり、豆腐、みょうが、青じそなど」が挙げられています。今回は、豆腐、ネギ、みょうが、しょうがを乗せてみました。

横から見るとこんな感じで、結構スープたっぷりです。

具がないのでシンプルな印象でしたが、食べると味は濃厚。鯵の出汁が強く感じられ、そこにすりごまの風味が加わって、しっかりした味です。

冷蔵庫で冷やすと暑い日でもさらさらと食べられます。薬味があるとさらにさわやかにおいしさアップ!夏は冷ややっこの出番が増えるので、薬味が冷蔵庫にある確率も高いのでは?あったらぜひ添えてみて下さい。これもおいしい~!

無印良品のレトルトと言えば、やっぱり定番のカレーもはずせない!

不思議と暑い夏でも汗をかきながら食べたくなってしまうのがカレーです。

こちらは新商品の「ゲーンパー」というカレー。「森のカレー」と謳うだけあって、きのこ、きくらげ、たけのこなど森の恵みが具沢山。食感の異なる食材がゴロゴロ入っているので、食べ応えがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ