無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[キレイにしていたはずなのに!?]掃除嫌いの主婦が後悔…実は掃除できていなかった3つのもの

ライフスタイル

自称「家事ズボリスト」やりくり、生活術が得意なサンキュ!STYLEライターmiiです!

実は私、片付けや整理整頓は好きなのですが、水回りの掃除や洗い物などとにかく手が濡れる作業が本当に苦手です。今回はズボラな私が、掃除好きな夫から指摘されて反省した掃除箇所をご紹介します!

1.トイレの便座の裏

いつもトイレ掃除をしてくれる綺麗好きな夫に「今日はトイレ掃除したよ!!」と報告してみると、指摘されたのが便座の裏。

便座の裏って尿の飛び散りなどで意外と汚れることを今更知りました。
今まで便器を擦るだけがトイレ掃除だと思っていたズボラな私。
便座裏もこまめに掃除しなきゃ!と実感しました。

2.お風呂のゴミ受けの裏

トイレ掃除同様「お風呂場の髪の毛捨てといたよ!」だなんて夫に誇らしげに言ったところ、排水口のゴミ受けの裏がヌメったりカビやすいとの指摘が。

排水口はゴミをとって終わりだと思っていました…。湿気が多い場所なので目に見えない所も気を付けようと思います。

3.炊飯器の蓋の裏

ご飯を炊いた後、炊飯器の蓋をよくよく見ると【毎回洗って下さい】との表示が。お恥ずかしい事に今まで1度も洗ったことがありませんでした。使用頻度が高い炊飯器だからこそ、常に清潔にしておこうと思います。

こうやって箇条書きにしてみると、表面上しか、見えるところしか掃除していなかったことが判明。反省しました。くしくも、汚くなるのは見えないところ。今後は見えないところまで目を向けよう!と思えるきっかけになりました。

今回ご紹介したものは当たり前でしょ!と思われるかたが多いかもしれませんが、気づいていないだけで、実は他にも見えない場所がいつの間にか汚れているのかも…。家族内で掃除の仕方の違いを話してみると、「そんな所も!」という場所が見つかるかもしれません。ぜひ一度話してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたのは・・・mii
自称「家事ズボリスト」やりくり、生活術が得意なフルタイム主婦。
ズボラ主婦ならではの家計管理や生活術、幸せな生き方について発信中!

サンキュ!STYLEライター「mii」記事一覧
miiのインスタグラム

※ご紹介した内容は個人の感想です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ