無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[スマホでもっとスマートライフ入門]スマホ決済、実際に使うならどれがいい?

ライフスタイル
PayPay

「PayPayはソフトバンクとヤフーが合弁している会社『PayPay』が運営しています。入金方法は銀行口座のほか、ヤフオク!とPayPayフリマの売上金、『ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い』、セブン銀行ATMも使えます。ヤフーが提供するクレジットカード『ヤフーカード』も含めてポイント還元率は0.5~1.5%ですが、一般のクレジットカードを利用するとポイント還元は対象外となります。
大規模なキャンペーンや還元額の大きさで急速に拡がりました。現在も企業単位のキャンペーンが行われていること、使える店舗が多いことが魅力です」

◆d払い

d払い

「d払いはNTTドコモが運営するサービスですが、dアカウントさえあれば、他社のスマホを使っていても利用できます。支払い方法はクレジットカード、ドコモユーザーなら電話料金との合算払い、『ドコモ口座』残高からの支払いが選択できます。銀行口座を利用したい場合は、『ウォレット』にチャージを行います。
d払いを利用すると、店舗では200円につきdポイントが1ポイント、ネットでは100円につき1ポイント貯まります。dポイントを1ポイント1円として支払いに利用することができます。キャンペーン数も多く、クーポンも取得できるなど、ドコモユーザー以外も注目のサービスです」

◆LINE Pay

LINE Pay

「LINE PayはLINEが運営するサービスで、LINEアプリの『ウォレット』から利用できます。入金は、銀行口座、セブン銀行ATM、LINE Payカードなどが使えます。
LINE Payの還元は、LINEポイントクラブのマイランクに応じて変わります。LINE Payだけでなく、LINEが提供する他のサービスを利用、またはミッションをクリアするとポイントが貯まり、ランクがアップします。特典は毎月更新され、ウォレット画面の上部をタップして今の還元率や特典クーポンを確認できます。
特に『送金』機能はLINEのアカウントを持っている人が多く、トークルームから簡単に送金できて便利です。現金で割り勘の金額がぴったり支払えなくても、LINE Payならすぐに送金可能です」

◆モバイルSuica

モバイルSuica

「JR東日本が運営するモバイルSuicaは、電車の運賃支払いなどに使われる交通系の非接触決済サービスです。駅の改札でも使えることで知られていますね。入金方法はクレジットカード、現金(コンビニ)が利用できます。ポイントを貯めるには、JRE POINTへの登録が必要になります。モバイルSuicaのメリットは、非接触決済なのでアプリを起動する手間がないことですね」

QRコード決済、そして非接触決済の代表的なサービスを紹介したけれど、どれを選択するか悩んでしまいそう。そんなときは、自分がよく利用するショップやサービスを運営している企業のサービスをセレクトすれば、ポイントが活用しやすくお得度がアップ。また、クレジットカードか銀行口座かなど、支払い方法で選択するのもおすすめ。この機会に設定して、賢く使ってみては。

教えてくれた人

鈴木朋子さん

ITジャーナリスト・スマホ安全アドバイザー。システムエンジニアを経てフリーライターに。SNS、スマホ、パソコン、Webサービスなど、初心者向けのわかりやすい解説に定評があり、テレビや雑誌など各メディアで活躍中。また、2人の娘の子育て経験を生かして「スマホ安全アドバイザー」としても活動。

【マネー特集】働く女性のお金のハナシ

先行き不透明な時代、多様化するライフスタイル。お金に関して、漠然とした不安は感じるけれど、分からないことだらけ。みんなどうしてるの? 気になるけれど、聞きづらい。情報も多すぎて、どれが私に合っている話なのか、見分けもつかない。そこでOZmallが女性たちに、これから先も“私らしく”過ごしていくために必要なお金の新常識を提案します。

マネー特集を見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ