無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セックスレスとも無縁♡仲良し夫婦の“暗黙のルール”って?

恋愛・結婚

ラブラブ夫婦にはルールがあるの!?

長年一緒にいるのにラブラブな夫婦には、特別なルールがあるのでしょうか?実は、しっかりとルールを決めていないケースも多いんです。その代わり、“暗黙の了解”でお互いに守っていることがありました。

fizkes / Getty Images

今回は、そんな仲良し夫婦のちょっとしたルールの一例をご紹介していきます。これを参考に、ゆるい決まり事として一度夫婦で話をしてみるのも良いかもしれません。

仲良し夫婦の暗黙のルール

①2人のときは名前で呼び合う

子どもがいても、2人きりのときには名前で呼び合うことができる夫婦は、ラブラブ度が高い傾向があります。いつもじゃなくても、ふとした瞬間に名前で呼ばれるとやっぱり嬉しいですよね。

Vasyl Dolmatov / Getty Images

名前は一度呼ばなくなると、どんどん恥ずかしさが増して呼びずらくなってしまうもの。そうなってしまわないように、気づいたときには呼び合うようにしてみましょう。

②お見送りはしっかりと

どちらかが出かけるときには、しっかりと顔を見てお見送りをするのも仲良し夫婦にとっては当たり前のこと。無言で家を出たり、スマホを見ながら「行ってらっしゃい」と口だけで送り出すことはしません。

Rivers Dale / Getty Images

玄関まで行く必要はないですが、目と目を合わせ、コミュニケーションをとることが大事。ハグやキスがあれば、尚良しです!日常の繰り返される習慣だからこそ、長い年月を過ごす中で夫婦の関係に影響してきます。

③帰宅時間を連絡しあう

仲良し夫婦は厳しいルールはつくっていないけれど、スムーズな生活のために帰宅時間は連絡しあうようにしています。「まだかなぁ」ともやもやする時間がなくなると、喧嘩のタネが一つ減らせます。

tadamichi / Getty Images

仕事が遅くなる時には17時まで、お出かけで遅くなるときは21時までなど、何時までに連絡しあうかは夫婦それぞれ。時間の連絡に慣れていない場合は、夫婦間でゆるいルールを設けても良いかもしれません。

④1人時間を尊重する

夫婦になったからといって束縛をしないのが、ラブラブ夫婦の共通点。お互いに自由になれる1人時間を尊重しています。

iprogressman / Getty Images
記事に関するお問い合わせ