無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セックスレスとも無縁♡仲良し夫婦の“暗黙のルール”って?

恋愛・結婚

ずっと一緒も良いけれど、1人時間を作ることでリフレッシュでき、より居心地の良い関係が築けるようになることも。相手が1人になりたそうな時は雰囲気を察して、そっとしておくことができると◎ですよね。

⑤休日に予定を入れるときは事前に伝える

予定が決まってから「●日は家を空けるね」ではなく「●日に予定を入れていい?」と念のため聞いてから予定を入れるのが仲良し夫婦の暗黙のルール。特に休日は、夫婦の時間でもありますよね。

fizkes / Getty Images

もちろんOKだとしても、事前に相談があるだけで気持ちが変わってきます。男性側がこれに慣れていないようなら、「決定する前に教えて欲しかったな」と今後は事前に相談するよう促してみると◎。

⑥最近の興味をシェアする

ラブラブ夫婦は、本、ファッション、芸能ニュース、ゲームなど、自分が最近目にして興味がある話題は何でもシェアしています。そうすると、共通の話題がどんどん増え、仲良し度がアップしていきます。

nd3000 / Getty Images

本を交換して読んでみても◎。大事なのは、どんな話題でも興味を持って聞いてみること。聞き流したり、批判したりが続くと、心と心が離れてしまうきっかけになるので要注意です。

⑦高額な買い物は相談をしてから

夫婦円満でいるためには、お金にまつわる揉め事はできるだけ減らすのがベター。仲良しな夫婦は、お財布は別々だとしても、高額な買い物をする際にはお互いに必ず相談をしていますよ。

didesign021 / Getty Images

どこからが高額なのかという感覚は、ぞれぞれの夫婦によって異なります。金銭感覚の一致をはかるためにも、3万円以上、5万円以上など基準となる金額だけは決めておくと良いかもしれません。

⑧夜の誘いの合図がある

セックスレスと無縁なラブラブ夫婦には、2人にしか分からない夜のお誘いのサインがあります。いつもは違うベッドなのに同じベッドに入ったら、マッサージをしてくれたら...などの行動で伝えているのです。

Westend61 / Getty Images

言葉で誘うのは夫婦にとってはハードルが高く、ムードも崩れやすいので注意が必要。夜のお誘いには、ちょっとしたサインを決めておく、もしくは何度か同じ流れを繰り返して暗黙の了解にしてみては?

記事に関するお問い合わせ