無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お金が貯まる[6つのプラス思考]貯金はテクニックじゃない!

節約・マネー

家計を変える力も、あきらめない強さも、前に進む気持ちがあればこそ。テクニックに走る前にまず取り入れたい、"貯めてる人のプラス思考"をご紹介します。ほんの少し「考え方」を変えるだけで、無理せず貯金も増え、楽しい毎日に。

<教えてくれた人>
飯村久美さん
ファイナンシャル・プランナー。FP事務所アイプランニング代表。生活を守りながら、夢を実現させる生きたお金の使い方をアドバイスし、1000世帯以上の家計を改善。著書に『ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法』(アスコム)など。

貯まる、貯まらないはテクニックではなく、"前向き"な気持ちです

お金を貯めるためには、ポジティブになることがとても大事と飯村さん。「例えば節約も苦しくてつらいととらえるか、ゲーム感覚で楽しむかで、取り組み方も結果も全然違ってきます。ネガティブになると、言い訳ばかり。お金を貯めても、減るのが不安で使えないなど、あまり幸せではないです」。
思考がプラスになれば、やる気が上がり、行動力もアップ。その積み重ねが貯蓄の差になるのは納得!では、どうすればポジティブに?「ワクワクする気持ちがプラス思考のための根っこ。私も出産でキャリアをあきらめたときは、ネガティブになりましたが、FPになる目標を持ってからやるぞと前向きに。強い願いを持つと、前に進むパワーが生まれますよ」。

【た】だ今の現状を受け入れる
「ないものねだりをするより、今の環境を受け入れ、この先を具体的に考える。現実的にかなえたい夢が見えてくると、やる気に!」。

【め】げずに今できることをする
「自粛生活も、お金を見直すチャンスととらえれば、有意義な時間に。できることに目を向けることで、次はこれもとステップアップ」。

【る】ールより、優先すべきは感謝の心
「お金を使うとき、"ありがとう"と心で言ってみて。今あるお金に感謝することで、家計にも前向きに取り組む気持ちが生まれます」。

貯蓄額よりやりたいことを目標にすると、プラス思考効果が!「3年以内くらいに実現したい夢を書くのがおすすめ。今何をすべきかわかり、お金と時間の使い方を変えられます」。

1 くよくよしないで次に向かって頑張る切り替え上手

今日はダメでも明日はきっと!失敗しても引きずらず、次のトライに向かって頑張るのが貯まる人。悩んだらたっぷり寝る、苦手なやりくりはスパッとやめて次に向かう!トライ&エラーを繰り返しながら、やりくりを続けます。

【年収400万円台で年貯蓄額約120万円】ゆうさん〈仮名〉(宮城県 36歳)

「節約に失敗しても、少しは貯められているから大丈夫と自分を鼓舞。なぜダメだったのか考えれば教訓になるし、自分に合わないものはやめればいいだけ。徐々にムダが減り、やりくりが安定するように!」。

2 お金がないならつくればいい。0から1を生み出す錬金術

貯まる人は「お金がないから」、「働けないから」、なんて言い訳しません。ポイ活やふるさと納税を駆使したり、不用品を売って使えるお金を殖やします。できることをコツコツ続ければ、年間では何万円もの差に。

【総貯蓄額1400万円】サンキュ!アンバサダー ごえもんママさん(東京都 40歳)

「少し探せばお得な情報は盛りだくさん♪旅行は、ためたポイントでより豪華に楽しんだり、モニターで新商品のお菓子やコスメを手に入れると暮らしも充実!現金が浮いた分、貯蓄も安定して殖えます」。

□カード払いで年6万円分、ポイントGET→旅行へ
□自分で買うと高い食材はふるさと納税
□株主優待でお得生活

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ