無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眉メイク、うまくできてる? 忙しい朝でもササッと描くためのコツがありました♡

メイク

忙しい朝、メイクは素早くキレイに仕上げたいですね。そこで、プロに教わった眉メイクの7つのルールをご紹介します。ササッと上手に仕上げるコツを知って、毎朝の苦労を減らしちゃいましょう!

この眉マスカラで色味を調整すれば、より自然な仕上がりになります。

今っぽい立体眉を作るには、眉頭を薄くして、眉尻に行くほど濃いめにするのがコツ。眉頭は少し薄めかなという程度でOKです。全体を同じ濃さにするとのっぺりした印象になるので気をつけて!

眉が薄い人は、先に眉尻の位置を決めてガイドラインを引くのがおすすめです。

眉頭より少し上に眉尻をつくります。着地点となる眉尻までの1本線さえ描ければ、あとは眉の中を細かく埋めていくだけです。最後に全体をボカせばできあがり!

ナチュラル眉はふんわりと色をのせることが大事。眉山から眉頭、眉尻に向けて伸ばしていきます。自然な眉がつくれます。

毛が薄いところと濃いところがまばらになっている眉には、パウダーをつけたブラシでスタンプを押すように穴埋めをしましょう。

毛の薄い部分に押していきます。伸ばすと色が濃くなってしまうのでご注意。

以上、眉の描きた方のコツをご紹介しました。顔の印象の決め手となる眉。ぜひカッコよくオシャレに仕上げてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ