無料の会員登録をすると
お気に入りができます

産前に知っておきたい!産前産後休業制度の取得日数と手当を解説

子育て

男性の育児休業は、出産日から取得することが可能です。また、「パパ・ママ育休プラス制度」で、パパとママが一緒に育休を取ることで、子どもが1歳2ヵ月になるまで取得期間が延長されるというメリットもあります。

出産でもらえる手当はいくら?

出産をした際には手当が出ます。どんな手当があるかを確認しておきましょう。

産前産後休業の手当

産前産後休業の手当は、出産手当金、出産育児一時金があります。

まず、出産手当金は、「休業開始時の賃金日額×支給日数×67%(3分の2)」が支給されます。産前産後休業は約100日分あるので、まとまった金額が支給される制度です。

また、出産育児一時金とは、出産時にもらえる一時金で、一律42万円が支給されます。(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40.4万円)

この2つは別々の制度なので、同時に給付があります。出産におけるお金の面のサポートがあるので、安心して出産に臨みましょう。

育児休業の手当

育児休業の手当として、「育児休業給付金」があります。この給付金は、雇用保険に一定期間加入していることで、出産後子供の1歳の誕生日の前日までのうち育児休業を取得している期間に給付されるもの。

計算式は、「休業開始時の賃金日額×支給日数×67%(ただし6ヵ月経過後は50%)」となります。

会社の制度も確認しよう

会社によっては、産前産後休業や育児休業中の給与について制度が定められている場合も。もしそういった会社の制度を利用して会社から給与を受け取れる場合は、「出産手当金」や「育児手当」などが受け取れない場合もあります。

ただし、その給与が67%以下の場合には差額分をもらえるようになっています。まずは、会社の制度を確認してみましょう。

産前産後休業制度を活用しよう!

産前産後休業は、活用することで大きなメリットを感じられる制度です。出産前の時間はあわただしく過ぎていってしまうので、余裕があるときに制度の内容を確認しておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ