無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫が『最高に幸せ!』と思ってくれる環境5選

猫が幸せに暮らす環境づくりにおいて、まず行いたいのが「猫という動物を知ること」です。猫の本能に沿った環境を目指すことで猫は猫として快適に暮らすことができ、問題行動やストレスをできるだけ軽減することができるのです。今回は【猫が喜ぶ住まいの環境】のポイントを5つ解説いたします。

ペット

1. 快適な室温

猫の生活環境で重要な要素は、

・室温
・湿度
・空気の流動

です。

夏と冬の設定温度

特に夏場は室内での熱中症に気を付けてあげたいですね。しかし、だからといってエアコンでガンガンに冷やせばイイというわけではありません。猫が快適な夏場のエアコンの設定温度は26~28℃程度と、人間が快適に感じる室温よりも高めです。冬の設定温度は22~24℃程度が適しています。

猫は蒸し暑い環境が苦手

夏場は湿度にも気を付けてあげなくてはいけません。猫は汗をほとんどかかないので、私たちよりも体熱を逃がすことが苦手です。そのため、湿度が高い環境や空気が流動しない環境では熱中症のリスクが高まります。同じ26℃でも、湿度が高いのと低いのでは快適さが雲泥の差です。

猫は風の通り道が好き

猫はよく「風の通り道」に寝転んでおり、風が当たる場所を好む子が多いです。そのため、エアコンとともにサーキュレーターで空気を循環させてあげると良いでしょう。冷気は下に溜まりやすいので、夏場はエアコンによって猫のいる床に近い部分が冷えすぎてしまう恐れがあります。エアコンとサーキュレーターを併用して、空気を循環させることで冷えすぎを防ぐこともできます。

自由に行き来できる部屋は「頭数+1」

トイレと同じく、猫が自由に行き来できる部屋数は「猫の頭数+1部屋」です。猫は自分で快適な場所をその都度選ぶことに関しては天才的なので、自由に行き来できる部屋がたくさんあれば「冷えすぎたからあっちの部屋に行こう」「暑いからこっちの部屋に行こう」と居場所を選ぶことができます。キッチンやお風呂場など、猫ちゃんに危険があり得るお部屋の解放には十分注意してあげてください。

2. 窓際のキャットタワー

猫ちゃんのために陽の当たる窓際にキャットタワーを設置してあげると、「ひなたぼっこ+高所+ニャルソック」という最強コンボの環境を提供することができます。

ひなたぼっこは被毛や皮膚の衛生を保つためといった、健康のために本能的に必要とする行動です。そして高い場所に上ったり下りたりするのも猫が本能的に求める運動です。

そして、窓の外を観察する「ニャルソック」は私たちがテレビを見るような、猫にとっての娯楽になります。

これらが陽の当たる窓際のキャットタワーで一気に叶います。窓際にキャットタワーを設置する際には、猫ちゃんがもたれて網戸が外れてしまわないように注意しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ