無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2020夏休み企画]おうちごはんで旅気分~世界編~

おうちごはん編集部のスタッフが、旅先で出合ったご当地グルメを紹介する特別企画。前回の日本編に引き続き今回は世界編ということで、アジアやヨーロッパの魅力あふれる名物料理やスイーツなど、もう一度食べたいあの味を旅のエピソードとともにご紹介します。みなさんもおいしい記憶をたどりながら、おうちで妄想グルメ旅を楽しんでみては?

レシピ

おうちごはんメンバーがもう一度食べたいあの味!

旅行するのが難しい状況……、ならばせめて、おうちで再現して旅気分だけでも味わいたい! ということで、よっすぃー、まい姉、コノ、micoの4人で、もう一度食べたいご当地グルメをピックアップ。

国内のご当地グルメについて取り上げた日本編に引き続き、今回は世界編。メンバーそれぞれが、ベトナムやドイツなど海外旅行先でそのおいしさに感動した料理や思い出についてご紹介します。

それでは、よっすぃーの台湾グルメからどうぞ!

よっすぃーの思い出の味は、台湾とタイの定番料理

鹹豆漿(台湾)

初めての台湾へ旅行に行った際に、お店ごと社長に買ってもらい東京(恵比寿)進出させて欲しいと本気で思った「鹹豆漿」料理。ここも、ローカルの人がいつも朝買ってから出勤するというほど、地元民に愛されているお店でした。

一口食べた時に「これは、二日酔いの朝に食べたい!」と思いましたww
豆乳のまろやかな味、一瞬で大好き! と思ったほど。(よっすぃー)

台湾の定番朝ごはん、鹹豆漿(シェントウジャン)。豆漿(トウジャン)と呼ばれる豆乳に、干しエビやネギなどの具材を入れたスープで、台湾を訪れたことがあるという方にはなじみ深いのではないでしょうか。

作り方のポイントは、豆乳を沸かしずぎないこと! 意外と手軽に作ることができるので、おうちで台湾の朝食を再現してみては。

鹹豆漿(シェントウジャン) 中国の朝ごはん豆乳スープ 井桁 良樹シェフのレシピ | シェフごはん https://chefgohan.gnavi.co.jp/detail/2647/

プーパッポンカリー(タイ)

30度を超す暑い夜に、野外で食べた「プーパッポンカリー」!
お正月休みを利用して会社の友達と旅行した際に、タイ駐在友達に教えてもらったバンコクで美味しいと言われるお店で食べました。

卵と蟹なのでまろやかな味わいで、辛い料理と交互に食べていました。
蟹のうまみが口に広がり、ごはんとの相性もバッチリ!

ガイドブックにあるようなレストランではなく、ローカルの人もよく通うという場所だったので、めちゃくちゃ熱気むんむんのテーブル席で食べたのですが、そういった環境だったのもよかったのかもしれません。またタイに行ったら、こちらのお店で食べたいです!(よっすぃー)

ふわふわの卵と蟹の旨みと風味がおいしいハーモニーを奏でる、プーパッポンカリー(渡り蟹のカレー炒め)。

ごはんとの相性も抜群で1度食べたらハマってしまうタイの名物料理も、おうちでできちゃうんです。もし手に入ったら、ぜひ生の蟹で! 本場の濃厚な味わいにグッと近づきます。

プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め) by hitomikira 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが337万品 https://cookpad.com/recipe/2722364

芋と辛い物が好きなまい姉は、韓国とドイツの名物料理

カムジャタン(韓国)

芋と辛い物が好きな私にとっては大好物。韓国に行った時に、現地の人に聞いて日本語のメニューがない路地裏のお店に入ってカムジャタンを頼んだら、めちゃくちゃ辛くて「本場の辛さはすごい!」と思いました(笑)。

辛いもの好きなメンバーばかりでしたが、ヒーヒー言いながら、唇を腫らして食べました。(まい姉)

まるごとじゃがいもと肉をやわらかくなるまでじっくりと煮込んだ韓国の鍋料理、カムジャタン(豚の背骨とじゅがいもを煮込んだ鍋)。

本場では豚の背骨が使われるそうですが、@t.juncoさんのようにスーパーでも手に入りやすいスペアリブで作るといいですよね。えごまが香るピリ辛のカムジャタン、ごはんもお酒もどんどん進んじゃいます。

肉の旨味しみっしみなジャガイモが至高…!韓国のピリ辛鍋「カムジャタン」が冬の定番になりそうな旨さ - ぐるなび みんなのごはん http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/yandp/4786
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ