無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬にとっての『悪い飼い主』の特徴4選!その行動、実は悪影響になってるかも?

自分が普段、何気なくとっている行動が、愛犬にとって悪影響になっていたら…そんな風に思ったことはありませんか。今回は、犬にとっての『悪い飼い主』の特徴を紹介するので、当てはまっていると感じたら、改善するきっかけとしてください。

ペット

犬にとっての『悪い飼い主』の特徴

犬は歴史を遡ると、群れで野生動物として生活していた動物です。それが時を経て、私たちと一緒に家族として過ごすようになりました。

しかし本来持っている犬の習性などを理解せず、人間側のエゴを押し付けるような行動をする飼い主は、無意識であっても犬に悪い影響を与えかねません。そこで今回は、犬にとって悪い影響を与えている飼い主の特徴をいくつか紹介します。

1.常に一緒にいようとする

大好きな愛犬とは常に一緒にいたいと思う飼い主も多いでしょう。しかし、よかれと思い起こしているこの行動は、犬にとってストレスとなっている可能性があります。

飼い主のことが大好きな犬であっても、1人でのんびり静かに過ごしたい時間は存在します。その時間を使ってじっくり睡眠をとったり、リラックスしたりするのです。

しかし常に一緒にいようと飼い主がすることで、その時間が奪われるだけでなく、飼い主が常にいる状況が当たり前となってしまうのです。するといざ飼い主が出掛ける時に、強い不安や恐怖を感じるようになり、ストレスの原因となります。

2.しつけをしない

犬のしつけにはさまざまな種類があります。生活する上で必要となるトイレトレーニングや、人間と共存する上で重要となる無駄吠え防止、噛みつき防止のしつけ。さらにコマンドを使って飼い主の指示通りに動く、基本動作のしつけなどもあります。

これらのしつけは人間と一緒に過ごす上で、お互いが快適に過ごすために必要なしつけであると同時に、飼い主との信頼関係を築く上で重要な過程でもあります。

叱るのは可哀想、しつけが面倒などの理由からしつけをきちんとしない飼い主もいますが、これらは後々、生活に支障を来たしたり他人に迷惑をかけてしまうことになります。

またしつけを行うことでもたらされる重要な要素である「信頼」や「安心感」を得られない犬は、頼れる存在を見失ってしまうため不安を抱えながら過ごすこととなるのです。

すると、人間と共存していく上で重要なしつけも行われず、尚且つ頼れる相手がいないことで、強いストレスを抱えてしまい、人間と上手に生活していくことが困難となってしまうことすらあるのです。

3.人間の趣味を押し付ける

最近では、犬に関するアイテムやサービスが増えてきています。しかし、これらはあくまで人間側に対するサービスです。犬が嫌がっている様子がなければ問題ありませんが、ストレスに感じているようであれば、どんなサービス、娯楽アイテムであれ、避けるべきです。

人間の娯楽を犬に押し付けることは、犬にとって強いストレスとなります。なぜならばそれら人間の娯楽は、本来犬にとって必要のない行動だからです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ