無料の会員登録をすると
お気に入りができます

若い世代に人気の黒マスクって、どんな印象?熱中症の危険性にも配慮を

ライフスタイル

新型コロナウイルスの影響で、マスクが品薄状態になっていた時期がありました。しかし2020年8月現在ではマスクの供給はかなり改善し、ほしいマスクが手に入りやすくなったのではないでしょうか。白い不織布マスクだけではなく、マスクの素材や色・デザインが豊富になってきた印象もありますね。
そんな状況のなか、ママスタコミュニテイで話題になったのが黒いマスク。「個人的には苦手なんだけど、若い子の感覚では普通なの?」と、トピックが立ちました。

『マスクが品薄になってからは、何も感じなくなった。自分が着けるのは抵抗があるけどね。ただ夏は黒色が太陽光を集めるから、熱中症の危険が上がるとテレビでやっていたよ』
『最近は見慣れて何も思わないけど、屋外では白と比べてかなりマスク内温度が上がるらしい。暑い季節に黒を使っている人は気をつけてね。ファッション性を求めた結果の熱中症搬送なんかで、医療従事者の負担を増やさないであげて』

たしかにそうですね。ただでさえマスクを着けていることで暑いのに、黒を選んだことでさらに危険性が増すのは避けたいところ。黒いマスクを着けたいのなら、事前にその日の天気予報をチェックしておくことをおすすめします。

黒を選んだことでさらに危険性が増す

参考:JA長野厚生連 北信総合病院 健康へのワンポイントアドバイス 新しい生活葬式「マスクの着用」での熱中症に気をつけて!

文・鈴木麻子 編集・しのむ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ