無料の会員登録をすると
お気に入りができます

保育士おすすめ!子どもが絶対に喜ぶ絵本の選び方のコツ教えます!

子育て

皆さんこんにちは。河西ケイトです。

セミナーを開くとママ達から「先生!  子どもが喜ぶ絵本のコツありますか?」と相談されることがあります。絵本選びって難しいですよね…。私自身も現場で絵本を読む時に悩むこと、今でもあります。というわけで、今回は絵本を読むコツを皆さんにお知らせしたいと思います!

絵本はどうやって選んだら良い?

まず、基本的なお話です。みなさんは絵本をどのように選んでいますか? 実は、絵本には対象年齢があるのをご存知でしょうか? だいたいは背表紙に「何歳から」と表記がしてあります。ここをお子さんの年齢と合わせて、選んでいくことが大切です。5歳の子に1歳児向きの絵本を読んでも、またその逆に1歳の子に5歳児向きの本を読んでも、子どもにその内容が適していないので興味を持つことはまず無いと思います。ですから、しっかり年齢にあった絵本を用意していくことが大切です。

絵本は教科書と言われています

保育士は、学生時代に「絵本は教科書である」と教えられます。絵本の中には、作者が子どもたちに訴えたいメッセージが組み込まれているものがあります。特に、2歳児から読める絵本の中には、こういったメッセージ性の強い絵本が多いのです。

せなけいこさんの『ねないこだれだ』や『いやだいやだ』は、イヤイヤ期の子どもたちに向けたメッセージのある絵本になっていますし、『おしいれのぼうけん』は、幼児クラスでは自分の姿と重ねて物語に入り込む子どもたちが多いです。

大人が「子どもたちにこんなことを伝えていきたい!」という思いがあるのであれば、選ぶ時に絵本の内容を確認し、子どもたちへ読み聞かせていくと良いかもしれません。

0・1歳は、「色」「形」「音」が楽しめるものを

0・1歳に絵本を読み聞かせる時に、どんな絵本が良いのだろうか? と悩む方がいますが、ここにあげたように「色・形・音」を楽しめる物がいいと思います。この時期の子どもたちに人気の絵本は「だるまさんが」シリーズや「うさこちゃん」シリーズ、そして「いないいないばぁ」です。

「だるまさん」と「いないいないばぁ」は、擬音という音に関した表現が多く出てきます。「べろ~ん」や「いないいないばぁ!」という独特な音が子どもたちに興味をもたせるのです。うさこちゃんのシリーズに釘付けになるのは、ずばり「色と形」。小さな子どもたちは、物語よりも色や形で判断をし楽しみます。ディックブルーナの絵本は「丸」「三角」などの形や「赤」「青」などの色味がはっきりしている物が多く、子どもたちはその独特な表現方法に目を奪われます。

読む時は、感情を入れすぎて読まないことが大切です

絵本を読む時に様々な登場人物が登場し、声色を変えて読んでしまいがちなのですが、実はこの行為は子どもの「想像」を奪ってしまうと言われています。大人が絵本を主観的に読むことによって、子どもが役柄や情景などを大人が演じたままで固定してしまうそうです。

ですから、子どもに大人の勝手な主観を植え付けないように、淡々と読むことが大切だとも言われています。反対に、紙芝居などは読み手の下に強弱などが書かれているので、感情を入れて読むことが大切だとも言われています。子どもたちの創造性をより広げるためにも気をつけて読んでいきたいですね。

デジタルよりもアナログが大切なわけ

近年、絵本もデジタル化が進んでいます。しかし、絵本はデジタルよりも紙で作られたアナログの絵本をおすすめします。絵本というのは、めくるタイミングがとても大切です。次のページをめくる時、ただ単にめくるのではなく、子どもの表情を見ながらめくっていきます。

しかし、デジタルだとそのタイミングが非常に難しいと思います。そこには、アナログだからこそ出せる「空気感」や現場の「一体感」があります。一人で読むもの、また大人が子どもに読み聞かせるもの(絵本ではない)は、デジタルにも構わないでしょう。

今回は、絵本についてお話をしました。たかが絵本、されど絵本です。私も、400冊以上の本を所蔵しています。たまに一人でじっくり読んでみたりするのですが、大人が読んでも奥が深いなぁ…と感じるものも多くあります。「子どもが飽きて絵本を見ない」のではなく、「子どもに適した絵本選びができているのか?」を親が意識しながら、お子さんに読み聞かせをしていってくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ