無料の会員登録をすると
お気に入りができます

約3万匹の金魚が泳ぐ!「アートアクアリウム美術館」常設展として本日OPEN[内覧会レポ]

旅行・おでかけ

2020年8月28日(金)、東京・日本橋に「アートアクアリウム美術館」がオープン!同施設は夏の風物詩として愛されてきた展示会「アートアクアリウム」が大型常設展示になったもの。従来の日本橋会場の約3倍の規模で、年間を通して四季折々の空間を演出してくれます。そんな注目スポットの魅力を「レッツエンジョイ東京」編集部がさっそくお伝えします♪

2階は、オリジナルのカフェラウンジメニューが楽しめる「愉悦」とここでしか手に入らないオリジナルグッズをそろえた「土産」、さらに伝統芸能のパフォーミング上演が楽しめる「老松」の3エリアから構成されています。

▲「lohasbeans coffeeの抹茶ティラミス」

▲「金魚ゼリー」

「愉悦」エリアでいただけるメニューには「福砂屋のエシレバター&クリームカステラ」(800円/税抜)や「lohasbeans coffeeの抹茶ティラミス」(900円/税抜)など有名店とのコラボスイーツがラインナップ。

もちろん「金魚ゼリー」など同施設の魅力を詰め込んだメニューもそろっています♪

▲「土産」エリア

「アートアクアリウム美術館」の世界観を展示とは別角度から堪能すれば、さらに満足度が高まりそう!最後にお土産も購入すれば、ばっちりですね。

まとめ

以前の展示は期間限定で「行きそびれた!」と逃してしまった人もいたはず。しかし今年からはそんな人も安心!夏を逃しても1年中楽しめる上に、カフェやミュージアムショップもでき、より深くアートアクアリウムの世界観に没入できちゃいます。友達と行って写真を撮るのも良いですが、この機会に一人で訪れ、神秘的な空間に身をゆだねるのも良いかもしれません。

アートアクアリウム美術館

所在地:東京都中央区日本橋本町1-3-9
最寄駅:三越前

取材・文/レッツエンジョイ東京編集部

※2020年8月28日時点の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合がございます。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、すべて税抜きです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ