無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あれ私、都合の良い人になってない?相手と気まずくならない上手な断り方5選

人に何かを頼まれると断れなくて、良い人というより都合の良い人になってるかも…と思ったことありませんか?そこで今回は、相手との関係を壊さず上手に「NO」を言うためのコツをご紹介します。

2017年5月
ライフスタイル

都合の良い人だと思われてない?

嫌な人だと思われたくない、相手との関係を壊したくないと思うばかりに、どんな頼み事も引き受けていませんか?忙しいときにさらに用事が増えてしまうと、泣きたくなってしまいますよね。

www.pexels.com

確かに周りの人達との関係を良好にしておくことは大切です。しかし自分の時間や体調などを犠牲にするほど頑張ってしまうのは、正しいことだとは言えないのではないでしょうか?

頼まれごとを断るのは、最初はかなり勇気がいるかもしれません。しかし上手に断るコツを知っておけば、ずっと気が楽になりますよ。そのコツを早速チェックしてみましょう。

①理由は簡潔にまとめて

長すぎる言い訳は悪印象です

断るときに理由を付け加えるのは、大人の常識です。しかし近況報告を兼ねているような長々とした言い訳では、「この人そんなに嫌なんだ...」と相手を不快にさせてしまいかねません。

相手に理解して欲しいと強く思うとつい話が長くなってしまいがちですが、「その日は他の仕事があるので」などできるだけ簡潔に断るようにしましょう。その方が、相手も気持ちを切り替えやすくなります。

②誠意を持って断る

嘘はつかない!

「病院に行くから」と嘘をついたときに相手が本気で心配してくれたら、罪悪感を感じてしまいますよね。本当は面倒臭いから断りたいと思っていても、できるだけ誠意ある断り方を心がけるべきです。

例えば少し高いお店での食事に誘われたら「今月は出費が多くて厳しいから」と言うなど、ある程度事実に基づいた言い訳をしておきましょう。嘘をついて苦しい思いをすると、ますます断るのが辛くなりますよ。

③できることは手伝っておく

頼ってくれる人がいることに感謝して

何度も頼み事をされると利用されているようで嫌になるかもしれませんが、あなたならできると信頼してくれているのも事実。そのことには感謝しても良いのではないでしょうか?

記事に関するお問い合わせ